ler-a-biblia-orar


人間の尊厳とは何でしょうか?


「自発性」なのではないでしょうか?


これが謳歌出来てこそ、人生を本当に楽しむことが出来るような気がしてなりません。



今与えられている既存の枠組みの中で生活する。これは与えられた工程の中で動くことしか出来ないロボットと変わりません。


「自発性」これは現代の日本人が最も不得手としていることかもしれません。


なぜなのか、それは日本人はセルフイメージが低い。自分に自信がない人が多いからだと思います。


だから、すぐ右に倣えになってしまう。真似です。いつまでたっても真似しか出来ないのは、相変わらずセルフイメージが低いからではないでしょうか?


どうすればいいんでしょうか?


比較を止めることです。




比較の価値観だと、究極的には勝者はひとりだけです。。存在価値があるのはひとりだけになってしまいます。究極的にはです。極端ですが。。。まあ、でもこれに近い感じになります。存在価値を実感できる人はごく少数でしょう。だから多くの日本人はセルフイメージが低いのだと思います。


どうすればいいのでしょうか?


でも、他人との比較でしか、自分の存在価値がわからないから、比較するしかないのが現実でしょうか?

だから、結局堂々巡りになってしまうだけ。これが人間の限界!?日本人の限界!?



それでは私はどうしているのか?


「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」


ここに立ち返ることにしています。これは旧約聖書のイザヤ書43章4節の御言葉です。


これは神が救われたイスラエルの人たちに語られた言葉ですが、これは今のクリスチャンに当てはまります。。


なんで?それはここでは説明しません。こちらでもご参照ください。(このブログの執筆者は私の先輩ですね。)



誰が何と言おうとも、自分は尊いんです。だって神様がこう言っているのだから。


人間が幸せに生きるかどうかの分岐点は、、



まさに、



これを信じられるかどうかにかかっています。




本当に信じられるかどうかが極めて、極めて重要です。



これが信じられると変わります。人のマネはだんだんしなくなってきます。



そして新しい挑戦も出来るようになる。


だれがやっていないようなことにも挑戦できるようになります。






今既存の社会システムに大きな綻びが生じている日本社会で必要とされているのは、新しい仕組みを作る。新しい価値観を創造すること。それには「自発性」しかありません。


でも、


挑戦するのはいいけど、失敗したらどうすんの?!!





はい。、。お金は大事です。必要です。


。、。失敗してお金に困りたくない!


そうですね。


でも、




「きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。」

大丈夫です。神様が養ってくださいます。


ぼくも危なっかしい人生に写ると思いますが、ちゃんと生活出来ています。


大事なのは信じることです。



別に、私のマネをする必要はありません。だって人のマネするなって散々言ってるんだから。



是非チャレンジしてください。それぞれの方法を模索してください。私はこれで行きます。生きさせて頂きます。。