ケニア、ウガンダ、エルサルバドル、中央アフリカの主要産業は農業で工業も近年発展してきています。その他の国々は農業、観光業、林業、漁業となっており、資源に依存している国はありません。ウガンダについてはリーマンショックの影響も受けず、2000年以降実質GDP成長率はプラス成長で緩やかな成長が続いています。 <注意> 円の大きさは人口規模を表わします。 人口及び福音派人口シェアはOPERATION WORLDのデータになります。 マーシャル諸島の人口は2013年の外務省データになります。 経済成長率資料: GLOBAL NOTE 出典: 国連