何かと開放的で自由なイメージの強いブラジル。恋愛にもオープンなイメージがあります。


ここ数年ブラジルではキリスト教福音派の信者が増えてきているのは有名ですが、
従来の恋愛観にも変化が表れているようです。


「EU ESCOLHI ESPERAR」の取り組み

EU_ESCOLHI_ESPERAR


EU ESCOLHI ESPERARとは、私は待ちます。。の意味。何を待つのかといえば、「セックス」。

結婚まではセックスをしない。

性的関係は結婚まで待つことを奨励する運動がブラジルの間のクリスチャンで広がっており、フェイスブックのフォロワーは300万人を超えています。

この運動をリードするネルソンジュニオール牧師を中心としてブラジル全土で定期的にイベントを開催し、結婚について恋愛についてのカウンセリング活動を行っています。

そして、ブラジルの福音的な教会では独身者の割合が高いことが最近の調査でわかりました。

ブラジル・アッセンブリー オブ ゴッド教団では、約1000万人の信者の内、独身者が500万人強にのぼり、バプテスト教会でも300万人のうち、150万人余りが独身者であるとしています。

福音派クリスチャンの多くは、結婚を実にまじめに捉えていて、クリスチャン専門の恋愛サイトや牧師と恋愛についてネット上で相談できるサイトが人気を集めています。3千人ほどが恋愛サイトを通して結婚に導かれているといわれています。


引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/solteiros-sao-maioria-entre-os-evangelicos/