イスラエル右派系ニュースサイト・デブカファイルによると、うわさとしながらも、シリア、レバノン、ロシア、イランの連合軍がゴラン高原に隣接するクネイトラ付近に侵攻する計画がある。と報じている。このデブカファイルは、中東に関しては地の利を生かし、世界的大手メディアには出ないスクープ記事を掲載するなど、アメリカ同時多発テロ以降にわかに注目を集めているサイトだ。信憑性に乏しい記事や誤報もあるものの、大手メディアが数日後に同じ内容を掲載することも多いという。(wired.jp)


 イスラエルのネタニヤフ首相は、ロシアによるシリア領空空爆開始後その意図を探るためにすぐにモスクワを訪れた。ロシア・スプートニクの先月21日の報道によると、プーチン大統領は「シリアにはイスラエルとの戦闘は必要ない。シリアにとって大事なことは国家体制を守ることだ。」とネタニヤフ首相に伝えていている。
http://jp.sputniknews.com/politics/20150921/933282.html

 しかし、イスラエル首脳部の不安は決してぬぐい切れていない。ロシア・プーチン大統領は4月、ミサイル提供に関してイランと合意した直後にイスラエルによるウクライナへの武器供与について批判しており、ロシアに接近するイランは、8月にはイスラエル侵攻に関する計画を公表している。アフマデネジャド前イラン大統領は、イスラエルの存在を認めない発言を繰り返してきた。更に先日伝えた通り、シリアに隣接しイスラエルが実効支配しているゴラン高原では大量のシェールオイルが発見されている。シリアにとってゴラン高原は、1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領された土地でもある。

   引用:GOSPEL PRIME (ブラジル) http://noticias.gospelprime.com.br/israel-preparado-invasoes-aereas-russia/