missionaria-na-Africa

世界最大のキリスト教宣教団体アメリカ・南部バプテスト連盟国際宣教協議会は、寄付の大幅な減少によって2億1000万ドル、日本円で235億円に上る赤字で苦しんでいます。それに伴い今年2月には、団体職員や宣教師など合わせて1132人のリストラを発表しました。宣教師の数は、およそ3800人にとどまり、過去20年で最低となっています。続きはこちらから。無料です。