abdullah-omar

 ウルグアイの首都モンテビデオから380㎞程のパイサンドゥ市で3月8日(火)、ユダヤ人ビジネスマンのデビッド・フレムドさん55歳が、路上で背中を10ヶ所刃物で刺され、死亡しました。犯人はその場で現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは、 市の教育局職員カルロス・オマル・ペラウタ・ロペス容疑者35歳で、過去に犯罪歴もあり、10年ほど前にイスラム教に改宗し、アブドラ・オマルと改名しています。カルロス容疑者は、「アラーの御心によりユダヤ人を殺した」と供述しています。しかし、ウルグアイ司法当局は、カルロス容疑者が精神不安定な状態であるとして、テロとは関係のない事件と判断しています。

 しかし、現地メディア・インフォバエは、カルロス容疑者のフェイスブックで、IS兵士の画像をコピーしたり、ハマス関係者とコンタクトを取った形跡を確認しています。

 2015年11月、ISによる動画で全世界の支持者に対して独自に実行する、ローンウルフと呼ばれるテロを呼びかけています。またブラジルでは昨年イスラム過激派メンバーの入国も確認されており、警戒感が強まっています。

引用&画像 GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/jihadista-realiza-primeiro-ataque-america-do-sul/