3080198009-pornografia-e-degradacao-da-imagem-de-deus1


 アメリカのスポーツニュースキャスター、エリン・アンドリュースさんの裸の動画がネット上に投稿された事件がありました。。

 正直、男としてみたい気持ちになってしまうんですが、「ポルノ」 について、ブラジルのクリスチャン情報サイトguiame.com.brに考えさせられる記事がありました。。日本のクリスチャン はなかなか性的な問題を率直に語れないのでネットで検索とかする人も多いと思います。是非参考になさって下さい。クリスチャンでない方も是非

 まず、ポルノを見たり見なかったりということは気にしない。大事なことは、キリストへの信仰だとしています。悪い習慣や行い以上に、この信仰についてよく考えて欲しい。

としています。。所詮人間にポルノを見るなと言っても出来ないことは、神様はお見通しですよね。だから出来なくていいです。それよりもいい機会ですからイエス様を信じることについて考えましょう。

 私にとって信仰とは、自分自身に諦めて、人生のハンドルをキリストに明け渡すことだと思っています。所詮頑張ってポルノを見ないようにしても、どうでしょうか?見てしまいませんか?まず自分で頑張ることをやめる。これこそ信仰だと思います。

 そして記事には、なぜポルノグラフィーが悪いかについてわかりやすく書いてありました。

 聖書の創世記2章には、神は男性をエデンの園を耕すために造られ、女性は男性のパートナーとして、助け手として男の肋骨から作られたとあります。。(そういえば話がそれますが、この創造物語について、ブラジルの科学者が面白いこといってましたね。。良ければこちらを参照ください。)話を戻します。。だから男と女は持ちつ持たれつで平等。どちらが上でどちらが下とかではないということです。

そして3章に入ると、女(エバ)が蛇に唆されて神が食べてはいけないと言われていた善悪を知る知識の木の実を食べてしまいます。女はそれを男(アダム)にも分け与え男も食べました。ここでアダムはエバを責め、エバはそそのかした蛇を責めました。これを知った神は、エバに対して「夫はあなたを治めるようになる。」といいました。平等であったはずの関係が上下関係に変わってしまうというのです。

 そしてポルノは、女性を快楽の対象物として見ることに等しくまさに男性が女性を支配している罪の世界を象徴的に表しているように感じました。ポルノ問題の原因は創世記3章にたどり着くことになります。人間が神の考えに背き自分で判断してしまう罪が原因です。ですから、初めに戻りますが、


自分自身に諦めて、人生のハンドルをキリストに明け渡す信仰に鍵があるのではないかと思います。。

引用&画像guiame.com.br
http://guiame.com.br/nova-geracao/se-liga/pornografia-e-degradacao-da-imagem-de-deus.html