beach-brazil-1409939


 ポルトガル語が少し分かる者として、ジカ熱情報をお届けするのは使命だと思って毎週ジカ熱情報をアップデートしてきました。今まで全て無料で公開してきましたが、最近記事数も増えてきており、かなりの労力が掛かるようになって参りました。

 現在他の仕事を掛け持ちしてブログを書いている関係で時間の制約もあります。ブログを継続し、更に充実させていくためにはブログでの収益化が必要であると考え、ジカ熱対策情報については有料とさせて頂きたいと思います。有料と申しましても300円をお支払い頂けましたら、更新する記事は全てご覧頂けます。月額制などの継続課金ではありません。1回だけのお支払いです。コーヒー一杯分の御支援のつもりでご協力頂けましたら幸いです。

 私がブログを書く理由にも書きましたが、ブログは私にとって心から情熱を注げる対象でありまた今日的意義も感じておりまして、ブログの収益化を目指し徐々にブログ活動にシフトしていく所存です。

さて本日の記事は、、
イギリスの科学雑誌「ランセット」にブラジルでのジカ熱や小頭症への対策についての記事が先月23日、ジカ熱対策で中心的な役割を果たしているブラジル・オズワルド・クルス財団によって掲載されました。オズワルド・クルス財団は日本の製薬メーカー・エーザイ株式会社と熱帯病の治療薬の共同開発も行っています。続きは↓をクリックして下さい。