adauto-lourenco

 ブラジルの科学者であり研究者であるロウレンソ・アダウト氏は、聖書の創世記にあるエバの創造について、遺伝工学やクローン技術の観点からみると実に理にかなっているとしています。

 まず、エバはアダムの肋骨の骨から創られたことについて、肋骨には血を創る赤色骨髄があり、骨髄に細胞の元となる幹細胞がある訳です。クローン人間を創る時に必要な物質は肋骨からとることは常識です。

 そして、我々生命体の地上での生活を考えて見て下さい。もし地球が今より少しでも太陽に近づいたり、また逆に少しでも遠ざかっただけでも生きることは出来ません。地球の自転が今よりほんのわずかでも早くても遅くても生きることは出来ません。そして、大気中の成分割合が少し違ってもやはり生きることは出来ません。我々は実に絶妙なバランスの中で生かされています。偶然にこれらのバランスが生じることはほぼ不可能です。と指摘しています。

引用:Gnotícias ブラジル
http://noticias.gospelmais.com.br/cientista-genesis-descreve-metodos-cientificos-criacao-eva-81574.html