russian-orthodox-church-1225656-639x852

 ロシア正教の教会は美しいですね。ロシア正教やローマ・カトリック、そして仏教の寺院は本当に美しいです。この点はプロテスタントは負けています。芸術的観点から比較してみるのも面白いと思っているんですが、これについては機会あればということで、今回はロシア正教のキリル総主教が中南米を歴訪しているニュースを取り上げます。

 ロシア正教キリル総主教と、フランシスコ教皇がキューバで歴史的会談を行ったことは日本でもニュースになりました。キリル総主教はその後、パラグアイ、チリ、そしてブラジルを相次いで訪問し、ブラジルではルセフ大統領とも会談しています。いや~この中南米歴訪にもいろんな思惑がありそうで、考えるだけでわくわくします。

 ローマ。カトリックについては過去の投稿でも書きましたが、宗教とみるよりひとつの国家としてみたほうがいいと思います。国家にはなんらかの産業がありますが、ローマ・カトリックの産業は何だと思いますか?諜報です。全世界に広がるカトリック教会ネットワークからの情報が飯のたねですね。この情報を基にしたコンサルティング業そして長年の組織運営で培われた分析力を活かしたシンクタンクだと考えればわかりやすいでしょうか。

 ロシア正教もローマ・カトリックと同じ体質だと思います。カトリックとは「普遍性」という意味ですが、ロシア正教も英語では「RUSSIAN ORTHODOX CHURCH」。ORTHODOX(オーソドックス)とは「正統」という意味です。RELIGIONとは、RELATIONと同義で「関係性」を表わします。神との関係性を重要視する訳です。正しいとか間違っていると判断出来るのは神様だけだからそもそも人間が判断するものではない。だから判断するよりも神さまとの関係を重要視するのが、RELIGIONの本質です。ですからロシア正教は、正統性が権力の源泉である国家権力と性格が似ていることになります。

 今回もキリル総主教がブラジルのルセフ大統領と会談していることがポイントです。ロシアが国際政治の舞台に大きく台頭している中、ロシア正教こそ、ロシア専門のシンクタンクとして売り込んだと見ています。

佐藤優さんも、表現の仕方は違いますがローマ・カトリックについて同じような見たてをしていると思います。。


引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/lider-ortodoxos-defende-uniao-religioes/