Igreja paga dívida financeira com orações

 イギリスキリスト教系ニュースサイトPremierによると、ロシア第4の都市ニジニ・ノヴォゴルドのロシア正教会の教区内の建物に暖房器具を設置しましたが、設置した建設会社への支払い金額の一部を支払うことが出来ず、裁判沙汰になってしまいました。しかし、裁判の席上、建設会社のオーナーが、祈祷をすることと引き換えに未払い金は放棄すると申し出たとそうです。未払い金は30万ルーブル(約45万円)だとしています。そして、この会社の業績は右肩上がりになってきているそうです。

 このニュースで ロシア正教はロシアの人々の生活に根付いているのかなと感じました。独裁国家としての歴史が長いロシアでは全てが国家管理の下に、農民は重い税を課され貧困の中で歩んできましたが、彼らの生活を支えていたのがロシア正教への信仰とそのコミュニティでした。共産主義下で迫害された時にも、信仰捨てずに拠り所として生活していた人が多くいたと言われています。

 プーチン大統領は大統領就任直後にロシア正教総主教と面談するなど、ロシア正教を土台とする国造りを進めて来ました。 【ロシア】プーチン大統領:共産主義には聖書の思想が詰まっている。でも書きましたが、プーチン大統領はキリストへの信仰を公にしています。しかしロシア正教以外の海外に本部を置くその他のキリスト教会をスパイと見做すとして圧力をかけ、諸教派に対してロシアへの絶対的忠誠を要求しています。彼はキリストよりも国家を優先していると考えられなくもありません。 

 国益を追求していく姿勢は国家指導者として当たり前のことかもしれません。決して非難するつもりはありませんが、今ロシアは国際舞台での発言権を強めています。プーチン大統領がロシアの国益を害すると見做す勢力に対してどういう対応をするのか、彼の宗教への関わり方から判断出来ることもあります。

このあたりは今後も注意深く見ていきたいと思います。

引用&画像:GOPEL PRIME
 https://noticias.gospelprime.com.br/igreja-paga-divida-com-oracoes/
 https://noticias.gospelprime.com.br/russia-igrejas-estrangeiras-suspeitas/
竹内宏の経済情報
 http://www.takeuchikeizai.jp/bestvalus/bestvalue_29.html