parade-535179_640


北朝鮮の外交は決して理解出来ないものではありません。

まず北朝鮮は韓国と停戦状態にあります。
その韓国は米国とは米韓軍事同盟を結び、有事の際は韓国軍は米軍の傘下に入り戦闘します。
米軍が戦ってくれるわけです。

かたや、北朝鮮はロシアとは露朝友好善隣協力条約を結んでいますが、軍事同盟ではありません。中国とは中朝友好協力相互援助条約という軍事同盟を結んでいますが、アメリカと中国の軍事力の差を考えれば不十分です。そして中国は韓国との経済関係を深めています。こうした背景を考慮すれば、北朝鮮の核武装は常軌を逸したものではないと言えると思います。

日本も日米安全保障条約という軍事同盟があり事実上核の傘に守られている訳です。人の事をとやかく言うのはおかしいのではと思います。

大きく横たわる拉致問題

日本と北朝鮮の間には拉致問題があります。拉致は決して肯定出来るものではありませんが、北朝鮮は停戦中ではあるものの戦争状態にあるということを考慮しなければならないと思います。戦争とはルールなきスポーツのようなものです。何でもありなんです。平和な国日本から見れば、拉致など考えられないのはよくわかりますが、戦争状態という緊急事態下にある国の常識は平和な国の常識とは違うという認識を持てば、拉致も少しは理解出来るのではと思います。

一国家として北朝鮮の外交政策は全然まともな国だと思うんです。ただ、北朝鮮の内政には日本では考えられない問題があると思います。。ただ拉致問題は互いの外交問題ですから、北朝鮮国内の抑圧や弾圧などに振りまわされ、常軌を逸したならず者国家みたいな偏見は捨てたほうがいいと思います。問題は北朝鮮が戦争状態にあって日本が平和国家であるという違いを直すことが重要な気がします。。なんとか朝鮮戦争を終結させることでようやく交渉が始まるのではないかと考えます。。