日本語とポルトガル語、どっちの方が世界を知れるのか?
なんて殆どの日本人にはどうでもいいと思うんですけど、こんな感じに
なりました。

メディア日本語ポルトガル語
人民日報中国
CCTV中国
朝鮮日報韓国
THE STRAITS TIMESシンガポール
The Indian Expressインド
IRNAイラン
アルジャジーラカタール
Haaretzイスラエル
スプートニクロシア
プラウダロシア
ARDドイツ
Deuche Wellドイツ
RAIイタリア
RFIフランス
BBCイギリス
CNNアメリカ
ABCアメリカ
ニューヨークタイムスアメリカ
Televisaメキシコ
ambito.comアルゼンチン

面白かったのは、、、ロシアです。。ロシアは日本でもスプートニクでガンガン日本語ニュースを流しています。
凄いのは、ロシアのニュースを流すだけではなくて、日本の政治や経済などなど広くニュースを取り上げているところです。 元ソビエト共産党機関紙だったプラウダなんかも、ちゃんとブラジルのニュースを扱っている。。そしてそのニュースをロシアの視点で書いているのが、したたかですね。。

そして中国も人民日報が気合入ってます。。 英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、日本語、ロシア語、アラビア語、韓国語 に対応しています。。それぞれヤフー並みのニュース量がはんぱないです。。
内容は中国関連のニュースが多いですけどね。。 

アメリカは英語の国際語の地位は揺るがないと見ているのかもしれませんが、、多言語化にはさほど積極的でないようです。。CNNはまあまあ頑張ってますけどね。。依然世界のナンバーワンですからどっしり構えてる感じです。。

そしてメディア発祥の地とも言えるイギリスは英語圏でも、BBCはさすがですね。。28ヶ国語に対応してます。。大英帝国の威信にかけてぬかりないメディア戦略です。内容も量も充実してます。日本人が読んでも面白いですよね。。

そして、フランス。フランスもRFIを中心として特にアフリカのフランス語圏へのニュース配信に力を入れています。。そして15ヶ国語に対応させてますね。。

日本のNHKワールドも頑張ってます。18ヶ国語に対応してます。。ニュース量がすくないかなという感じで、日本の政治経済ニュースがメインですので、海外の人にはどうなのかな。。

あと、シンガポールでは2013年からメディア事業はライセンス制になりました。認可要件は、シンガポール国内の情報を発信することと、月間UU数が五万件以上なんだそうです。。

BRICSと言われていますが、ロシアと中国の影響力が際立っていることがわかります。。

メディア戦略を見ると、なんとなく第二次大戦の戦勝国であり、国連常任理事国の国々の意識が高いですよね。。というか、戦争で勝ったからここまで出来るんでしょうかね。