悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

2019年09月

image


ついつい、人の歓心を引こうと思ったり、買おうと思ったり、売ろうと
思ったりしませんか?売ろうと思ったりはしませんね。。。


人生にとってここは非常に大事な大事なポイントだと最近思います。 。。
これは、自分に嘘をついていることになるんですね。




人は、みんな、神さまによって造られた芸術作品なんだと
クリスチャンの人は信じています。だから自分の感性、与えられた
感性はとても素晴らしいはずなんです。自分にしかわからない、
自分にしか出来ないことが必ずあります。あるにもかかわらず
それを無視してはいけない。もったいない。



そして、人の歓心を買おうというのは、結局自分の思いのベクトルが
自分に向いています。自分のためにやっていることになって
しまっているので、人のためにやっているようで人のために
なっていないのではないでしょうか。


これでは結局、人は離れていきます。マーケットからはじき出されます。
ちきりんさんも言ってますし。


クリスチャンでない方は、神さまによって造られた芸術作品だから、
自分を大事にしないといけない。なんて、にわかに信じられないと
思います。


人は猿から進化して、適者生存、弱肉強食、
結局、強く能力のある人が生き残る。
進化論を否定するつもりはありません。
なぜなら科学的に否定できません。
けれども競争史観は人を不幸にすると思うんです。


神さまがこの世界を創造されたことも正しいと
いうつもりはありません。なぜなら、科学的に
証明されていないからです。しかし、
創造論は、人を幸せにすると思います。
自分はちゃんと個性的に芸術作品として造られたと
信じることは競争よりも明らかに幸せだと思いませんか?


結局ちきりんさんのマーケット感覚を身につける
というのも、自分を認め自身を持たないと出来ません。



 
コメント(0)

79F3235A-2284-4A44-B29E-DEEC819B423D


日本ラグビー奇跡の勝利おめでとうございます!


今日は通訳ガイドとして、ブラジル人のお客様を
ガイドしてましたが、ブラジル人には珍しくラグビー
好きで、「日本は前回大会で南アフリカに勝った
から、アイルランドにも勝てると思ってるよ」と
言ったら、お客様は「 まっ、見てみよう!どうなるかな」
と完全に半信半疑でした。。


勝ちましたね!!


ところで、ブラジルの森林火災は日本でもニュースに
なってました。。それでブラジル政府も軍を動員している映像
が流れていましたね。 


森林火災は、実は毎年のように起こっていることで、
とりわけ騒ぎ立てることではないし、環境破壊にとっても
別に深刻なことではないそうなんです。


今なぜ、世界的なニュースになっているのかといえば、
その理由はボルソナロ大統領なんだそうです。
彼はブラジルのトランプと言われていることからも
わかりますが、やはり敵を作りやすく、大統領の政敵
が、今回攻撃のネタとして使って騒いでいるだけ
のことだとのことなんです。大統領はやはりトランプ
さんと同じで環境問題には懐疑的なことが物議を
醸し出していて、攻撃材料としては格好のネタなんだ
そうです。

ちなみにブラジルからの観光客、しかも個人旅行で
ガイドを雇う方は、やはり富裕層です。富裕層は総じて
ボルソナロ大統領支持派です。


ほんとのところはどうなんでしょうか?

でも、ブラジル人の生の声は、説得力を感じます。

 
コメント(0)




人は美によって動く・・・社会も美によって動く。


ブラジルの芸術そして文化は、西ヨーロッパの影響を受けてきた。そして現在はアメリカの影響下にある。経済的プレゼンスに呼応しているかのように。


ブラジル人の美意識をくすぐるのはアメリカなのだと言う。

アメリカには何か美しさを感じさせるものがあるのだ。そして人が美によって動くのであれば、お金も美によって動く。美の周辺には自然とお金が集まってくる。お金の集まるところに権力が生まれる。。。



政治家、権力者たちはそのことをよくわかっている。
だから時代時代の第一級の

アーティストに作品を作らせ、
自身の権威を高めた。
 


この日本でも12世紀、平安時代末期、後白河上皇の前に、
武力で圧倒する平清盛が台頭した。
上皇はその清盛に壮麗な三十三間堂の創建を命じた。
力で君臨しようとする清盛に対する
強烈な美による牽制だったのではないか。


上皇は創建後、一人壮麗な本堂で民のために祈っていたと言う。
それが人々の心を捉え、天皇と民の絆を生んだ。


後白河上皇のこの華麗なる抵抗は、
後々の日本にも影響を及ぼし現在に繋がっている。
江戸幕府は、皇室の扱いに大変苦慮した。


後白河上皇に目を付けられた平清盛、
そして平家は滅亡の運命をたどることになる。
このことが日本に天皇制へのプレステージ、権威を与える
こととなり現在に至っている。


そして、天皇制があったればこそ、第二次大戦を終結
させたのは当時の天皇陛下であり、今日の繁栄へと
繋がっている。 

 

コメント(0)

8086899E-2671-4BB8-90FA-C9740A144949


アメリカは日本と日米安全保障条約を結んでいます。
そして、中南米諸国とは米州機構という同盟を結んでいます。

この二つはどちらもアメリカ主導でそして軍事同盟的な
色合いが強いと言われています。

よく、日本はアメリカの属国、そして中南米はアメリカの裏庭
と揶揄されてきました。

なので、この二つの地域に対するアメリカの関わり方を比較することは、
日本にとっては、アメリカの出方、戦略の理解の深化につながるのはないか?
中南米へのアメリカの戦略から、日本への対応も推測できるのではないか?


ということで、
日米安全保障条約と米州機構をまずしっかり検証しようではないか
と思います。



まず、いきなりですが、明確な違いがあるこがわかりました。
米州機構憲章(プロトコル)には、互いの内政不干渉、それぞれの
主権、独立をしっかり明文化しています。


が、対する日米安全保障条約全文には、独立や主権の文字は一切出てきません。


そして、結構個人的には驚いたことがあります。

安保条約全文には、
「国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛権の固有の権利を有している・・」
ということがきっちり謳われています。


なんだ、集団的自衛権はもうすでに認められてるやん。
国会であれだけ騒いだのは一体なんだったのだろう!?


あれは単なるパフォーマンスで、出来レースに過ぎなかったのではないか?

そして、日本に本当の民主主義はあるのだろうか?
と考えざるを得ませんでした。



初っ端からカウンターパンチを喰らった気になってますが、
米州機構と安保は違いましたね。。

もちろん米州機構は多国間協定、安保は二国間条約ですから
条件が違います。


でも、アメリカのそれぞれの地域に対する方針は違うのでしょうか?

ある知り合いのブラジル人は、
「ブラジル政府は口だけはアメリカに批判的な
ことを言えるが、行動が伴わない。」

と言ってました。。なんかちょっと日本と似てるなとも思ったんですが、

でも、日本政府は批判すらしないですよね。



なんか、初回からこの取り組みは挫折のような気もしますが、
でも新たな発見もありましたし、、やっぱりアメリカをより理解
できるような気がするので、続けたいと思います。


参照:

外務省ホームページ

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku.html

米州機構ホームページ


http://www.oas.org/dil/port/tratados_A-41_Carta_da_Organização_dos_Estados_Americanos.htm




 
コメント(0)

mo_a16


ソフトバンクが中南米でも投資を加速しています。
3月に50億ドル規模の投資を発表していますが、
さらに3億ドルの追加投資を現地ベンチャーキャピタル
に投資したことを明かしました。


ソフトバンク・ブラジルのアンドレ・マシエル最高経営責任者
によると、「我々は小規模な会社へ投資する毛細血管を
持っていないので、地域の主要なファンドに投資する」と話し、
まだスタートまもない規模の小さな事業体へも間接的に
関与していく方針を明らかにしました。


これは従来ソフトバンクの投資対象先とはみなされないレベルであり、
地域の特性に合わせて柔軟に対応する姿勢でもあり、まだ不安定要因の
強い中南米地域では間接的な投資にとどめ、状況を見守る狙いもある
と見られます。

参照:NEOFEED  https://neofeed.com.br/blog/home/softbank-da-dinheiro-para-fundos-de-venture-capital-da-america-latina/




コメント(0)

↑このページのトップヘ