ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

2017年02月

palmas-logo-conheca
ブラジル・トカンチンス州・・・・・


といってもご存知の方は殆どいないのではと思います。


ブラジルの中部に位置し、


1988年にお隣のゴイアス州から分離独立して出来たまだ30年にも満たない新しい州の州都です。


パルマス市はトカンチンス州が出来た翌年89年に開拓が始まり90年に州都に制定されました。



ブラジルの首都ブラジリアのように計画的に都市計画がなされた近代的な都市なんですって。


ところで、このパルマス市では、ユニークな取り組みを始めています。


それは、キリスト教を活用した観光都市を目指しているというのです。。


2013年の統計によると、人口のおよそ54%がカトリック、32%がプロテスタント福音派が占め、


文字通りキリスト教都市といえます。


そしてブラジル最大のイベントであるカーニバルが行われるこの2月に、



ブラジル中からゴスペルシンガーを招き、5日間にわたりゴスペルカーニバル「信仰の首都(capital da fé)」が開催され、期間中約18万人の来場者を見込んでいるそうです。


因みに昨年は14万5000人が集まりました。


このゴスペルカーニバルは、5日間夜7時~10時までゴスペルシンガーたちのコンサートが開かれる予定になっています。


パルマス市のカルロス・アマッサ市長は、

「信仰の首都」を開催してから、警察事件や交通事故が減少しました。これによって街が良くなることがわかったので、開催することにしました。今後もクリスチャンが楽しめる観光都市を目指します。
と話しています。

因みに、話は全く変わりますが、このパルマス市は、ブラジルでは


クレジットカードなどの支払い遅延をしない世帯が92%である都市としても有名みたいです。


ブラジルでは遅延しない割合は78%です。。


引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/palmas-realiza-carnaval-gospel-para-mais-de-180-mil/

GLOBO REPÓRTER
http://g1.globo.com/globo-reporter/noticia/2014/08/capital-mais-jovem-do-pais-tem-92-das-familias-pagando-contas-em-dia.html



支払い遅延をしない世帯が92%

paris-843229_640


英王立国際問題研究所(通称:チャタムハウス)によると、調査した人のうち55%がイスラム系移民に反対、20%が賛成、25%はどちらでもないと回答したことがわかりました。

調査は、ベルギー、ドイツ、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、オーストリア、イギリス、ハンガリー、ポーランドの10か国で行われ、移民を中断すべきと回答した割合はポーランドで71%、オーストリアで65%、ドイツで53%、イタリアで51%、イギリスで47%、イタリアで41%などとなっています。




引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/metade-europeus-veto-imigrantes-muculmanos/





c28f239b-s-002


イエスさまは、私が生まれる遥か遥か前から、私が生まれる時代、人種、性別、性格、生まれる場所、


私が生きる目的、そして毎日毎日のスケジュール、etc・・・



すべてを綿密に計画され私を創られました。。


偶然ではない。



そして、そして、


なんと、



それら計画はすべて成し遂げてくださると約束してくださっています。



神はわたしを愛してくださる!!


なんて簡単に一言で終わらせてしまうけど、




こういうことなんですよ。。




めちゃくちゃすごいでしょ!!


めちゃ緻密で具体的でしょ?




この前も愛知県の中学3年生が大阪で飛び降り自殺したけど、



自殺なんかしている場合ではない!


愛って口先だけで唱えても本当に空虚ですよね。



具体的でないと。



キリストは、決して口先だけではない!!



いたれりつくせりで完璧に具体的に私の人生をプロデュースしてくださっている。



だから、私も、



愛だ愛だと唱えるだけではなく、



具体的に、



丁寧に、



心をこめて、



行動していきたいですね。




何が出来るんだろう!!



イエス様教えてください。


普通、人は自分のために生きます。


自分の幸せのために。


そして、自分の力で生活を成り立たせようとします。



でも、クリスチャンは180度違う。



まず、自分の生活を成り立たせてくださるのは、キリスト。


だから、損得抜きにして、効率性も度返しして、


愛に生きることができます。




必ずユニークな働きが出来るはず。。


こんなライフスタイルって、稚拙な言葉では言い表せないけど、



相当ユニークで面白いと思うんですけどね。



でも、今もこんな文章書いてて、



ふと、損得考えずになんて、ほんとに大丈夫!?



なんて頭をよぎるんですね。



所詮人間なんですね。キリストではない。



でも、大丈夫です。


キリストは私に立てている計画は全て成し遂げられると約束してくださっていますから。




だから始めていきます。少しづつ、小さく。




no title


まあ、難しいこと考えずに、イエス様に悩みや苦しみ、すべてを打ち明けましょう!


心が穏やかになりますよ!

あなたの人生は保証されてますから、大丈夫。

あなたの生涯には目的と素晴らしい計画が用意されています!

だから、キリストに聞いてみましょう!


Guia-me(私を導いてください)

O tempo se esvai
時は過ぎ去り
As forças se vão
力は無くなる
O medo chega então
恐れを感じるその時
Fecho os olhos e corro em tua direção
目を閉じ、あなた(キリスト)に向かって走り出す 


Guia-me, guia-me, guia-me
私を導いてください。私を導いてください。私を導いてください。 

Eu tento entender
知りたい、あなたを。理解したい。
E tu me pedes para depender
あなたは任せなさいと言ってくれるけど、
Meu coração me diz que não
私の心は拒絶する
Mas eu sei, enganoso ele é
間違ってるのはわかってるんだけど
Enganoso ele é
間違ってるんだけど

Guia-me, guia-me, guia-me
私を導いてください。私を導いてください。私を導いてください。 

Eu corro pros teus braços
あなたの腕の中に駆け寄ります
Me lanço em teu amor
あなたの愛に飛び込みます
Me envolvo nos teus passos
あなたと歩みます
Minha vida eu te dou
私を捧げます。人生のすべてを 

Guia-me, guia-me, guia-me
私を導いてください。私を導いてください。私を導いてください。 

Pra eu não me perder
自分を見失わないために
Guia-me, guia-me, guia-me
私を導いてください。私を導いてください。私を導いてください。
Preciso de você
あなたが必要です
Guia-me, guia-me, guia-me

私を導いてください。私を導いてください。私を導いてください。






primate-1019101_640


前回、音楽や出版業界のトレンドから、キリスト教福音派が経済活動に及ぼす影響を見てみました。
http://raabinho.com/マニアがマニアと呼ばれなくなる日が日本に来るのか??キリスト教福音派と経済成長について調べてみたarchives/17638424.html


ブラジル全体のGDPは乱高下を繰り返し不安定な状況なのですが、


音楽や出版業界はその影響を殆ど受けていないことがわかりました。


そこには福音派の消費行動が深く関与していることがわかったかと思います。


ところで、


なんとブラジルでは、キリスト教福音派のためのビジネス見本市まで既に


開催されています。

http://www.salaointernacionalgospel.com.br/


日本では、東京ビッグサイトや幕張メッセ、インテックス大阪などで開かれるレベルのビジネス展示会です。


業種は音楽、出版、アパレル、観光、玩具、飲食など多種多様です。


ここからも、もはや福音派(エバンジェリカル)マーケットが経済の重要なファクターであることは

一目瞭然かと思います。




ブラジルの人類学者カルロス・グティエレスさんによると、

 ファベーラ(ブラジルのスラム街)の住民に、より良い生活のために重要なことは何か尋ねたところ、


54%が努力と答え、24%が信仰、そしてわずか5%が政府

と答えたそうです。



そして、ブラジルの35.4%の成人は、個人事業に携わっているという調査結果も出たとのことです。


カルロス氏は、これらの現象の背景には、福音派の影響があることを断言しています。


起業などによる経済活動の新陳代謝が極めて重要であることは言うまでもありません。

ブラジル調査機関PNAD-IBGEによると、2022年には人口の約53%が中産階級になるであろうと予測されています。

http://www.brasildamudanca.com.br/empregos-e-salarios/conheca-melhor-nova-classe-c-brasileira





引用: NEXO
https://www.nexojornal.com.br/entrevista/2016/11/01/Como-a-substitui%C3%A7%C3%A3o-do-%E2%80%98trabalhador%E2%80%99-pelo-%E2%80%98empreendedor%E2%80%99-afeta-a-esquerda 

↑このページのトップヘ