ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

2016年05月

Crashers. Somos um em Cristo!

Crash Church Officialさん(@crashchurchofficial)が投稿した写真 -


Galera do Impacto visitando os idosos do ILPI

Crash Church Officialさん(@crashchurchofficial)が投稿した写真 -



↓こちらから↓どうぞ。

bible-428947_640


ブラジルで最も読まれている本は聖書。

ブラジル調査会社Ibopeによって行われた読書に関するアンケート結果が18日(水)に発表されました。


聖書は学歴に関わらず、トップに躍り出ています。でもサイトを見ても何パーセントかわからないんですね。。ブラジルらしい。。



本を読む動機については、「好きだから」が25%と最も多く、続いて「情報を得るため」が19%、

「気晴らし」が15%、そして4番目に「宗教的理由」が11%となっています。

最近読んだ本について教師に尋ねたところ、50%は何も読んでいないと回答し、22%が聖書と答えました。そのほかのキリスト教関連書籍もランクインしています。


ブラジル人は本を読まないと言われていますが、今回の調査で、少なくとも3週間に1回は本を読むと答えた人の割合は56%で、これは2011年の50%から5%増えていることになります。



また別の調査によると、ブラジル人のおよそ36%が、SNSを日常的に見ていると答えています。ちなみにブラジルでもっとも使われているSNSはフェイスブックで、2番目がYoutubeです。


いっぽう、ブラジルの読書愛好者団体の調査によると、少なくとも90%が家に聖書があると答えていますが、聖書を毎日読むと答えた人は16%にとどまっています。


引用:GospelPrime


https://noticias.gospelprime.com.br/facebook-e-mais-lido-que-biblia-aponta-estudo/

https://noticias.gospelprime.com.br/biblia-e-o-livro-mais-lido-no-brasil-aponta-nova-pesquisa/

















眠れる森の美女はご存知ですね。



眠り についたオーロラ姫が100年後にデジレ王子の口づけで目を覚まします。




わたしの人生の中で、神様は多くの物語を通して大事なものを示して下さいました。






愛のおのずから起るときまでは、ことさらに呼び起すことも、さますこともしないように。雅歌3章5節

 

恋愛には神様の時があります。。 そして、そのときまで静まっている必要があります。

地上のすべての目的や意図にはふさわしい時があります。伝道者の書3章をご覧ください。


私たちに湧き上がる確かな情熱。でも神様の時ではないかもしれません。

私たちはすぐに恋愛を求めます。シングルでいることや孤独に耐えられなくなってすぐにでも、大急ぎで愛を呼び起こしたくなります。

神様の時を待つことを知らないと、、結局傷つくことになるのです。。





何も心配せず眠っていたオーロラ姫のように、神様にサプライズを起こしてもらいましょう!!



あなたのさまざまな考えや思い、心配を神様に任せて、、その時がいつ、だれによって、どのように訪れるのかも心配せずにあなたが神の御声のみを必要とするとき、御声のみを求めるとき、愛は自ら目を覚まします。



恋愛は神の被造物です。神様はもっともふさわしいときをご存知です。プランを用意してくださっています。。


愛はすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。第1コリント13章7節




引用:

EU ESCOLHI ESPERAR

http://euescolhiesperar.com/artigos/bela-adormecida-

文:パトリシア・ゲイガー
作家、翻訳家。主にキリスト教系サイトでコラムを担当。
ブラジル・リオ・グランデドスル州生まれ
サッカーやフランス・ドイツの映画をこよなく愛す。



追伸:パトリシアさんの姿勢は、恋愛だけに限らず、人生での大きな決断から小さな選択に至るまで適応できるのはないかと思いました。。

 早くてもいけない。遅くてもいけない。ジャストインタイムな人生を送りましょう!!











 

↑このページのトップヘ