ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

2016年03月

 グーグルの人工知能「AlphaGo(アルファ碁)」が韓国のプロ棋士と対決して4勝1敗だったニュースによって、人工知能(AI)が益々クローズアップされています。↓続きはこちらからどうぞ。↓


映像作家のティノ・クオーシュさんは、

神がモーリタニアからシリアに及ぶ北アフリカで今なさっていることは、キリスト教宣教の歴史で過去に例がないことです。と、北アフリカで増え続けているクリスチャンについてこう話しています。続きは↓こちらから↓




スペイン語でのレポートです。
Avivamento se espalha pelo norte da África

Confira a matéria completa em: http://bit.ly/1WDsc7y

Notícias Gospelさんの投稿 2016年3月21日

このところ、ブラジルでのジカ熱関連ニュースは少なくなってきていますが、お隣コロンビアでの状況が報道されていました。

コロンビア国立健康研究所によると、コロンビアでのジカ熱感染者は55,724人となり、そのうち妊娠中に感染した女性は10,319人となっています。続きは↓こちらから↓
 

mensageira-de-ala
(写真はグチェンクラ・ボボクロバ容疑者)

今月2日、モスクワでウズベキスタン出身のベビーシッター・グチェンクラ・ボボクロバ容疑者が、ベビーシッターとして勤務していた先の4歳の子供を殺害し、子供の首を抱えながらモスクワ市内の路上で、「アラーは偉大なり!」と叫び、現行犯で逮捕された事件がありました。続きは↓こちらから↓


 

missionaria-na-Africa

世界最大のキリスト教宣教団体アメリカ・南部バプテスト連盟国際宣教協議会は、寄付の大幅な減少によって2億1000万ドル、日本円で235億円に上る赤字で苦しんでいます。それに伴い今年2月には、団体職員や宣教師など合わせて1132人のリストラを発表しました。宣教師の数は、およそ3800人にとどまり、過去20年で最低となっています。続きはこちらから。無料です。

↑このページのトップヘ