ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

2016年02月

primate-1019101_640

覚醒剤のニュースが後を絶ちません。神奈川県葉山町の町議も所持で現行犯逮捕されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160217/k10010412281000.html

広島では病院の院長も逮捕。
http://www.news24.jp/articles/2016/02/12/07322244.html

埼玉でも学校教師が逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/151021/afr1510210013-n1.html

札幌でも弁護士が逮捕
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/30313794.html


社会的地位もあり、常識も十分兼ね備えた優秀な方々と考えるのが妥当だと思います。

芸能人、スポーツ選手も どんどん逮捕されています。だいたい覚醒剤は高いですからお金持ちじゃないと出来ません。お金も持ちすぎると良くないんじゃないかなあと思うんですよ。コレステロールと同じです。コレステロールを減らすために運動するように、余ってるお金は使わないといけません。でも覚醒剤って相当気持ちいいらしいですよね。社会的ステータスも得た、お金も得た、でもどこかまだ満たされない。そんな満たされない気持をものの見事に癒してくれる力が覚醒剤にはあるんだと思います。だから覚醒剤を上回る楽しさ、気持ち良さを見つけないといけないですね。

覚醒剤から立ち直った方の話を聞くと、孤独が危険だとよくおっしゃいます。だから療養施設に入居することを勧めておられます。人との繋がりは覚醒剤をも上回るやすらぎがあるってことなのかもしれません。お金持ちの人って孤独なんでしょうかね。お金持ちの周りには人が寄ってきますけど、お金目当ての場合が多いから結局孤独だったりだとか。
http://news.livedoor.com/article/detail/5996663/

いっそのこと、どんどん旅行に行ってください。自分のことを誰も知らない人たちのところにいけばリアルな繋がりが出来るような気がします。
世界を飛び回る宮崎大輔さんのブログを見ると本当に憧れます。
 http://jiburi.com/

あと、クラウドファンディングなんかで面白そうな人を見つけて、投資して仲良くなるとか如何ですか?
 http://matome.naver.jp/odai/2136731096233440001


最後、これは言おうか言わないか迷ったんですけど、RELIGION(絆)がないことがやはり問題なんじゃないかと思いました。RELIGION(宗教とは言わず絆だと思ってます。)のことを改めて考える時期だと思うんです。覚醒剤も絆の欠如ですから。 

usa-806576_640



ヒラリー・クリントン民主党大統領候補のキリスト信仰については、中絶や同性愛を容認していることから批判されることも多くあり、牧師の支持もわずかです。中絶問題でバプテスト教会を離れ今はメソジスト教会へ通っています。

彼女は自信の信仰について、
聖書の学びや信仰の友とのコミュニケーションを通して、力を尽くして神を愛し、自分のことのように隣人を愛するということを受入れられるようになりました。このことこそキリストが命じておられることだと思います。

と話している。また聖書のルカの福音書に出てくる放蕩息子のたとえは、人生の困難な時の大きな助けになていると告白しています。

中絶に反対の姿勢をとる人が多い福音派は全米で30%弱ですので、中絶への賛成が必ずしもマイナスにはなりません。

引用:Christian Post
http://www.christianpost.com/news/chelsea-clinton-insulting-mother-christian-faith-hillary-abortion-baptist-methodist-157418/

world-gold-2-1552594-640x480


1月に【ブラジル治安】大都市よりも地方のほうが危ない。 2015年世界で最も危険な都市ランキングが発表された。ブラジルがトップ50に21都市もランクインしていることをお伝えしました。その21都市中最も高い順位だったのはフォルタレーザで10万人当たりの殺人事件発生件数は60.77件。世界順位は12位でした。そして世界第一位はと言うとベネズエラの首都カラカスでなんと119.8件。これがどのくらいすごい数字かというと、日本で最も殺人発生件数が高かった(2011年)高知県で1.57件ですから、優に日本の100倍以上の人が殺されていることになります。

 ベネズエラと言えばチャべス前大統領の下、国家社会主義体制 を敷き医療費無料などによって福祉が充実しているイメージがあったので、この結果は以外でした。ブラジルにしてもルーラ前大統領時代から続くボウサ・ファミリアという生活扶助制度によって貧困層は減少したと言われていますが、このような結果になってます。

 ベネズエラの治安についてベネズエラ在住のNoda Kanako さんは、麻薬が原因だとしています。ベネズエラ隣国のコロンビアの麻薬組織とコロンビア革命軍(FARC)が繋がっていて、コロンビアでは深刻な麻薬汚染が進行していましたが、コロンビア国防省がFARCの司令官を殺害するなどしたことによって、FARCの勢力は衰えました。このような状況の中、以前より関係のあったチャベス前大統領と手を結び、次第に麻薬がベネズエラに蔓延するようになったようです。 

宮崎大輔さんのブログに、カラカス市内でのひったくり事件について生々しく書かれていますが、なんとなくこの犯人は麻薬常習者の匂いがします。。

そして確かに医療費は無料ですが、薬も包帯もベッドも不足しているんだそうです。まだまだ他にもありそうですが、今日はこのあたりにしておきます。。

 

moscow-863528_640


オバマはたくさんの人を殺してきましたが、喫煙はオバマよりも多くの人を殺しますよ。 オバマのようになっちゃだめだ。こんなポスターがモスクワ市内に掲載されている。このポスターの写真はロシア唯一のリベラル野党の下院議員ドミトリー・グドゥコフ氏によってフェイスブックにアップされた。(ハーレツ)

 最近のロシアはシリア問題などでアメリカと共同歩調を取り始めているなど、実際のところ関係は悪くはありません。プーチン大統領の力を誇示するために、超大国アメリカを敵に回して世界の平和に尽力しているしているイメージ戦略のような気がします。このように他国の指導者を敵に見たてる手法は、北朝鮮やイランなどの独裁国家でも見られます。独裁国家とは言え、やはり国民の目は気になるものなのでしょう。。

ポスターは下記リンクから見られます。
引用:ハーレツ(イスラエル)
 http://www.haaretz.com/world-news/1.703970?utm_content=buffer56a7f&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

xHIrQCoqg0


善はイスラム、悪は西洋

イスラム世界にはこんな格言がある。アメリカUCLAの社会学者カルロス・アルバート・トーレス はこれを引合いに出して、第3次世界大戦は数年以内にISやボコ・ハアムなどのイスラム系過激派によって引き起こされるのではないかと発言した。

 先週ロシアのメドベージェフ首相も、シリアへの地上戦介入は第3次世界大戦の引き金になりうる」と警鐘を鳴らしている。 
 
 イスラム教には戒律がある。戒律に従うことが善、逆らうことが悪ということになる。この戒律に従えば、これ以外の価値観は全て悪ということになり西洋の価値観、当然キリスト教の教えも戒律に抵触しているので悪ということになる。 
 戒律が生まれる背景について少し考えてみたい。これはその戒律を創る人の人間理解と深く関係している。 
例えば、生まれたばかりの赤ちゃんに対して何かルールを求めるだろうか?決まりを与えるだろうか?ルールとは、課す対象に実行能力があると考える場合にしか与えられない。 戒律を創った人には人間には実行能力があると考えていたことになる。この考えが哲学で言うところの「性善説」になる。 だからイスラム教は性善説ということになる。だから人間には出来るはずなのだから、出来ないなんて奴はまともな人間ではないから殺してもいいという考えに繋がり易い。

 一方、キリスト教は性悪説と言われている。しかし、キリスト教の歴史を振り返る時に、必ずしもそうではなかったことがわかる。カトリックには「カテキズム」という いわゆるルールブックがある。日常生活での実践を求められる。これはカトリックに限ったことではない、プロテスタントでもある特定の考えを強調する傾向がある。例えば、布教活動、献金などを義務的に考えてしまう場合がある。

イスラム教であるとかキリスト教であるとかよりも、性悪説なのか性善説なのかの違いのほうが重要ではないだろうか。性善説は危険なのである。

でもこんなこと言うと、決まりがなければ社会は成り立たないではないかとつっこまれる。確かにルールによってかろうじて社会は保たれている。ルールはお互い幸せに生きるためにあるものだが、ルールを完璧に守ることが出来る人がいるであろうか?このことからも人間は性悪だと思うのだが。どう思うわれるだろうか?

引用:GOSPEL PRIME
 https://noticias.gospelprime.com.br/russia-invasao-siria-terceira-guerra-mundial/

↑このページのトップヘ