ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

2016年02月

85b6eef7-7335-4fb4-9f6a-adaefb1bafa0



 今年も間もなくカーニバルが始まるブラジル。今年は2月5日(金)~9日(火)に開催される。
ブラジルには12月生まれが多いと言われる。。言うまでもなく、カーニバルが原因だとされている。

 私もブラジル滞在時の10代の頃、学校のクラスメートに誘われたものの、通っていた日系人教会の牧師に
人生が狂うぞ!と説得された。(結果行かなかった。)ブラジル人女性は10代の私にとって魅力的だった。人種のるつぼだけあって容姿端麗で、しかも抜群のスタイルの良さ。そしてチャーミング。ただでさえ魅力的なのに、さらに肌を露出されれば、どうなっていたことか想像出来る気がする。

 ブラジルでもエイズは深刻な問題である。ブラジル保健省はここ数年エイズ撲滅キャンペーンに取り組み、その結果、2009年にエイズの治療を受けている患者は、およそ23万人であったのが、2015年には、45万5000人となり、5年でほぼ、2倍になった。そして、少なくとも半年以上治療を受けている成人の91%でウイルス量が検出限界値以下となった。これは国連合同計画(「90-90-90目標」2020年までにHIV陽性者の90%が検査を受け、90%が抗レトロウイルス薬治療を行い、そして90%がウイルス量検出限界値以下にさせる)の一つを早々と達成したことになる。

 ジカ熱の感染経路として性的接触の可能性も示唆される(関連性についてははっきりしていない)中、ブラジル保健省は、今年もカーニバル期間中、500万個のコンドームを全国で配ったり、映画を上映するなどなどおよそ日本円で4億2000万円の投資をしてキャンペーンを行う。

続報:アメリカ現地時間2月2日、アメリカテキサスで性交渉によって感染した患者が見つかりました。
画像&引用 Portal Brasil
http://www.brasil.gov.br/saude/2016/01/brasil-bate-recorde-de-pessoas-em-tratamento-contra-o-hiv-e-aids
ブラジルのエイズ対策詳細(日本語)はHIVSOSのサイトをご覧ください。
 


foto-materia-app-mosquito


 ブラジルバイア州保健局と地元バイア民間業者が共同で、蚊の生息区域や発生区域をリアルタイムで把握し、発生をコントロールするためのスマホのアプリを開発した。「CAÇA MOSQUITO」(蚊を対峙しろ!の意)と名付けられたアプリで蚊の生息場所を写真に撮って送ると、GPS機能によって自動的にマッピング出来る。

 現在このアプリはグーグルプレイからダウンロード可能。iOSにも近日対応予定。だれでも使うことが出来、写真送信時には個人情報を送る必要はない。

 バイア州保健局担当者は、新しい技術を奨励し、「この取り組みも蚊の撲滅対策の一つ。蚊の遺伝子を組み換え感染させないようにするための開発やナノテクノロジーを活かした虫よけスプレー、様々な細菌の研究に積極的に投資している」と話す。

 引用及び画像:ブラジル保健省
http://www.blog.saude.gov.br/combate-ao-aedes/50606-bahia-possui-aplicativo-que-permite-mapear-focos-do-mosquito-aedes-aegyptihtml.html

 

 


bible-428947_640


1961年に採択された旧ソ連共産党の綱領「共産主義建設者の道徳的規範」は実に聖書のエッセンスが詰まっている。

 プーチン大統領は、所属政党統一ロシアの会合でこう発言した。しかし、この理想は旧ソ連に於いて机上の空論に過ぎなかったことも認め、そしてソビエトの崩壊はレーニンによって、ソビエト連邦に所属していた各共和国に対して同じ法律の下統治を図ったことが原因だったとし、連邦離脱は認めないものの各共和国の自治を認めようとしたスターリンを称賛した。

プーチン大統領は公の場でキリスト教への信仰を告白して来ている。

引用:GOSPEL PRIME ブラジル
https://noticias.gospelprime.com.br/putin-compara-comunismo-biblia/




beach-brazil-1409939


ジカウイルスとは?
日本でも確認されたことのある(常在しない)ネッタイシマカという蚊により感染するウイルス性疾患。1947年にウガンダのジカの森でサルから発見されました。。(日本にいるヒトスジシマカという蚊からの感染の可能性を厚生労働省は指摘しています。)ブラジル保健省によると、赤ちゃんの小頭症との関連性は確認されています。その他痺れや痛みを発症する神経疾患ギランバレー症候群との関係も示唆されています。

  ジカ熱の予防はどうすればいいですか?

出来るだけ屋内にいて肌を露出しないことが基本です。 虫よけスプレーも有効です。そして水が滞留しているような池、沼には近付かないでください。もし感染しても、約8割の人には何の症状も表れません(大人と子供の発症率も同じです。)ので、妊婦の方は妊娠後28週までは月1回、それ以上36週までは半月に1回、それ以上から出産までは週に1回医師の検診を受けることをお勧めします。赤ちゃんの予防については、特に生後6カ月ぐらいまでは授乳を控えて下さい。性的接触による感染についてはまだはっきりしていません。

  どんな症状が出ますか?
 
 感染しても、約8割の人には何の症状も表れません。 初期段階では、皮膚に赤い斑点やまだら模様が出たり、目が赤くなたり、熱が出ます。

引用:ブラジル保健省
http://combateaedes.saude.gov.br/tira-duvidas
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html
 

6HWivlxMOC
【写真は、中国の新シルクロード構想地図】

  中国の習近平国家主席が今月21日にアラブ連盟本部で演説したことは、日本でも既に報道されている。ロシア系ニュースサイトRT QUESTION MOREによると、ここで習氏はアラブ諸国への経済的援助の他に、

1967年の6日戦争によってイスラエルに占領された地域を完全に統治すべきだ。
 
というイスラエルを大いに刺激する発言をした。6日戦争によってイスラエルはエジプト軍を攻撃しわずか3時間で空軍基地を破壊するなどして、ヨルダン川西岸地域、東エルサレムを占領し、これによってエルサレム全域を支配下に置いたが、国際社会はこれを認めていない。 
 中東地域のアメリカによるイランへの制裁解除やサウジラビアとイランの関係悪化などパワーバランスが大きく変化している中、 
習氏はサウジアラビア、イラン、エジプトを訪問している。 
  
習氏はイスラエルとパレスチナ間の関係改善こそ中東の安定の礎となると演説し、そして今相対しているサウジとイラン双方にリップサービスをし、バランスをとっているかのように見受けられるものの、相対的にイスラエルの存在感が低下している感は否めない。

 BEIJING REVIEW(北京週報)によると、
地政学的・経済的な敏感性や総合国力など多くの角度から見て、上記3カ国は中東地域で最も重要な国である。
 今回の習主席中東訪問の重要な意義は、次の3つの「最初の」という言葉で説明することができる。新年最初の訪問、習主席の就任以来最初のアラブ国家訪問、西アジア・北アフリカ情勢が不穏になってから5年来で最初の中国最高指導者の同地域訪問である。2016年は中国の第13次五カ年計画スタートの年である。習主席が新年初の訪問先に中東3カ国を選んだことは、中国の中東地域に対する重視と尊重を証明するに十分だ。
 中国側のこの発言から、イスラエルやその背後で絶大な力を誇ったユダヤ人ロビイストの権勢の衰えを感じる。イスラエルは猜疑心の高い国家である。歴史的な彼らユダヤ人の歩みが彼らをそうさせてきた。卓越した危機管理能力を今後どう生かしいくのか。そして中国の壮大な新シルクロード構想はどうなるのか目が離せない。

引用&画像:ゴスペルプライム ブラジル
https://noticias.gospelprime.com.br/israel-pode-ganhar-novo-inimigo-china/

引用:BEIJING REVIEW
http://www.pekinshuho.com/politics/201601/t20160121_800047326.html
         RT QUESTION MORE 
https://www.rt.com/news/329765-sovereign-palestine-jerusalem-china/ 

↑このページのトップヘ