ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

2016年01月

sand-beach-of-paracuru-ceara-brazil-1189003

世界的にもカイトサーフィンのメッカとして知られ、北東部に位置するセアラー州パラクルのビーチ。。

ここをクリックすれば、パラクルの素敵な写真をお楽しみ頂けます。。

ico-1618397

これもセアラー州にあるIco市。17世紀に出来た街です。

recife-brazil-1-1230755
recife-brazil-2-1230748-1920x1440

ブラジル北東部にあるペルナンブコ州都レシフェ、冬でも最低気温は15℃ぐらいです。



praia-do-forte-bahia-1370842-1920x1440

ブラジル北東部バイア州のプライア ド フォルチ。有数のリゾート地です。バイア州出身の人を「Baiano(バイアーノ)」と言いますが、サンパウロでは「田舎者」の意味に使われることがあります。


rio-de-janeiro-1377295


そして最後は、リオデジャネイロ!!日本語でリオは川、デは前置詞ですが、日本語では~の、とか、~で行くの、での部分。そして、ジャネイロはJanuaryなんです。
 

IMG_20160114_142122


大阪MBSテレビの情報番組「ちちんぷいぷい」によると、14日殆どのスポーツ紙がSMAP解散報道を伝える中、デイリースポーツでは、今年40歳を迎える福原投手の自主トレ開始をトップにしたみたいですね。。

なんでラテンとはなんの関係もないやん!!うーん。SMAPももしかしたら、ブラジルやポルトガルでも報道されてるかと思って調べたんですが、ポルトガル語のウィキペディアにはSMAPのページもあって、、解散報道が早速載ってました。。でもそれだけだったんで、つまんなかったです。 

まあ、デイリー でも独自情報がないんやから、ブラジルでは無理やね。いや、そういう問題ではないか。。
昔、草薙くんが真っ裸で公園で奇声を上げたことはちゃんと 大手メディア・グローボで報じられていたようです。

raul-e-fidel

 無知な私には、「ゴーシュ・キャビア」の意味が分からなかった。フランス・パリの第6区のあだ名のようなものだそうだ。この地区はパリ有数の文教地区で思想的にもリベラル(左派)系の人が多いことから、「キャビアを食べる社会主義者」と皮肉めいて呼ばれているらしい。。
マルクス主義者の真の目的は、より良い社会ではなく、より良い自分の暮らしだ。
 帝政ロシアは決していいものではなかったが、ソビエト共産党はロシアを地獄に陥れた。毛沢東が権力の座に就いた時の中国も決して居心地のいい場所ではなかったが、彼は中国を地下牢のようなところにしてしまった。豊かな北朝鮮は荒野と化した。キューバはカストロの奴隷小屋になった。

 共産主義普及のカギは、低所得者階級の中で比較的恵まれている人や、中産階級ではあるものの決して裕福ではないあたりの人々に浸透させることだと言う。。この人たちはそれなりに教養があるけれど、生活の向上への様々な障害に悩まされていて、程良くリーダーシップがとれるのだそうだ。

 社会的ポテンシャルを勝ち取った彼らは、実に論理的で合理的な共産主義思想によって、 次第に富裕層を洗脳し弱体化させ権力の座に上り詰める。そして結局皮肉なことに、新しい富裕層になってしまう。何が変わったかと言えば、権力者が変わっただけなのだ。社会は変わらなかった。これが上述の国々が示してきたことだ。

 先月、こんな記事(特に後半に注意)を書いたけど、華々しい社会運動よりも、自分の好きなことに打ち込む方が自分も楽しめるし、社会的にもいいことなんじゃないでっか??

画像及び引用:
GOSPEL PRIME (ブラジル) Demolidores de purgatórios, construtores de infernos by Eguinaldo Hélio Souza 
 
https://artigos.gospelprime.com.br/a-elite-do-mal/

  

primate-1019101_640

 しんぶん赤旗って独自の切り口で面白い記事はあると思うんやけど、見た目、僕のブログと大して変わらない感じやし、、写真が少ないよなあ。。記事も共産党の主義主張を補完するような内容に留まっていて、ジャーナリスティックではない。機関誌なんやから当然やんと言われればそれまでですが、最近、国民連合政府を目指すと発表したんやったら、もう少しジャーナリスティックなものにしないと、国民は振り向いてくれません。。

 ブラジルにも「Jornal Vermelho」っていう、直訳すると「赤新聞」という、共産党系のサイトがあります。フェイスブックページのフォロワーは35000人余り、因みにしんぶん赤旗のフェイスブックページフォロワーは、なんと、本日現在、153人。。。ブラジルは日本よりも左派勢力が優勢で、現政権も共産党ではないが左派系。だからフォロワーが多いのは当然なんですが、それでもしんぶん赤旗さん、153人少なすぎるでしょ。ブラジルは人口約2億人だから日本の人口はブラジルの6割ぐらい。単純に換算すればフォロワー21000ぐらいになります。。そして勿論日本は左派勢力は弱いからそれを考慮して、でも5000~10000ぐらいはフォロワーがいてもおかしくないと思うんやけど。。

 Jornal Vermelhoは見ての通り、写真が豊富で、国際面も充実してます。欧米、中東、ロシア、そして中国関連の記事も充実してます。そして経済面、文化面、メディア業界情報まで網羅していますし読みたくなりますよ。。

 よかったら翻訳しまっせ。赤旗さん。

lgf01a201408051300


リオ五輪目前のブラジル経済について、日本のメディアは概ねブラジル経済の不振を伝えています。。

ブラジル造船大手と提携解消へ

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160106-00000020-jijnb_st-nb

2016年の世界経済成長率見通し、2.9%に下方修正=世銀

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160107-00000015-biz_reut-nb


ブラジル共産党系サイト「Jornal Vermelho」によると、港湾部門では16年、ブラジル大手ゼネコンWToreeが、日本円でおよそ230億円をブラジル北東部港湾拠点のサンルイスに、ブラジル海運大手Nutripetroがおよそ83億円をブラジル中部のアラクルスに投資すると発表するなど、レアル安を背景に活発な取引が16年には再開するだろうとの見通しを示しています。。


日本でも、、

新光投信
は去年の段階で16年半ば以降回復基調との予測を立てています。。




 


↑このページのトップヘ