ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

2015年11月

BwzQAWut2c

 ボンジア!
    京都の小学生が大麻を吸引していたことが報じられ、麻薬の若年層への浸透がクローズアップされている。 

 イギリス・チェスター大学で開かれた中毒に関する学会で、宗教経験のある子供は思春期に薬物やアルコール依存に陥りにくいとする調査結果が発表された。宗教体験とは、単に信じるだけではなく、祈ったり、教会に通うなどの習慣があることだとしている。

 日本での薬物依存対策は、薬物を法的に規制し流通させなくさせたり、教育現場などでの薬物の危険性を啓蒙するなどの取組が一般的であるが、法的整備が追い付かなかったり、法律の目を掻い潜った取引をおこなったり、更には闇売買が行われたりしている。また啓蒙活動も今一つ効果の程は定かではない。薬物依存についての統計は厚生労働省からも公表されているものの、危険ドラッグなどのデータがなく、実際どこまで浸透しているかは未知数である。 
 麻薬には高揚感を与えるなど、人間の感情に訴える作用が強い。人間はこの高揚感や快楽になかなか勝てないのである。麻薬だけではない。暴飲暴食は健康に害を及ぼすと口を酸っぱくしても、ついついしてしまう。タバコもしかり。これは危険性の啓蒙という人間の理性に訴える啓蒙活動では否応にもしがたいことなのかもしれない。人間の理性の力の限界を物語っているようにも思える。 
 共産主義思想を広めたカールマルクスは「宗教はアヘンである。」として宗教の否定を試みた。これは彼が、宗教の力をよく知っていたことの裏返しでもある。宗教は麻薬のように人に大きな影響を与えるのである。現代社会、特に現代欧米社会は人間の理性をベースにして成り立っている社会である。(これについては 【改訂】現代ヨーロッパの宗教人口割合を調べてみたを参照頂きたい。その結果かどうかはわからないが、先程の厚生労働省統計にもあるように、欧米では大麻の生涯経験率は軒並み30~40%に上っている。このように欧米では薬物依存問題は日本とは比較にならないほど深刻であり。その中で発表された今回のイギリスでの調査結果は意義深い。
 欧米社会では少しづつ宗教が見直され始めている、それは先日表明されたドイツ・メルケル首相の見解にも色濃く反映されている。ヨーロッパはイスラム系難民の問題にも直面し、宗教がより日常化してきており、宗教の問題は宗教で解決しようという取組が静かに始まっている。このようなトピックもこの簡潔!ラテン新聞では取り上げていきたい。
 

チャオ !

画像:引用:GOSPELPRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/pesquisa-religiao-jovens-alcoolismo/

gf01a201503312300

ボンジア!!

8、わたしはいたく苦しみました。主よ、御言葉に従って、わたしを生かして下さい。(詩篇119編107節)

聖書を正しいとはよう言いません。第2回でも書いたけど、聖書は数学とは違うんで証明出来ませんし。そこでふと、思いついたんやけど、自分のお父さんやお母さんのことを、どうやってお父さんとお母さんと思っているんやろ。えっと、、綿密にDNAを調べ上げた上で証明されたからやろか?ただ、お父さんやお母さんだと僕にいうからそれを信じてここまで生きてきているだけなんよね。。自分が生まれて来たところを目撃している訳でもないのに。

聖書の神様も同じように「わたしが主である」とはっきり言っている。そんなん言われましても、、そう簡単には信じませんよ。。僕はお父さんやお母さんのことは信じられるけど、神様はよう信じられませんでした。。そして神様は「わたしは愛である」とも言っている。私も人生いろいろあったんでまあ、もうそんないわはるんんやったら信じて見よとおもって、信じて今日に至っている。

わたしが神だという人は他にもいる。。織田信長も言ったようなこと聞いたことあるし、今も教祖様っていわれてはる人は結構いてる。本当かどうかってそう簡単にはわかれへん。第三者に聞いても、ほんまにそうやとか、違うとか必ず両方いるからどっちか判れへん。聖書の神様についてもそう。。ニーチェは神は死んだといったし、日本でも江戸時代には山片蟠桃という人が、無神論を主張しはった。どうでもいいけどこの山片さん、大阪の人だったらしい。

結局、自分で信じて見るしかわからへんのちゃうかな。。自分で経験して見ると、以外とすぐ分かると思う。僕も聖書の神様を信じて見て結構たつけど、安らぎを得ている。。いやと思へばやめればええだけのこと。。クリスチャンになることとは、教会にまじめに通ったり、いいことをしたり、悪いことをしないことではない。イエス・キリストを受け入れること。大好きな彼女や彼氏、両親や兄弟、あるいはペットを受け入れるのと同じ。だからすぐに出来るはず。いやならやめればいいだけ。違約金はない。これは誰にも強制出来るものではない。人の好みなんて他人にどうすることも出来ない。自分自身の自発性が全て。

これは裏を返せば、他人の信念や信仰を間違っているとか簡単に言えるものではないということなんやと思う。今問題になっているイスラム過激派のことだって勿論裁いてはいけない。裁きたいのなら、少なくとも自分自身でイスラム過激派になってみてから裁くべきだ。宗教は英語でReligion。relation(関係)と同じ語源。要は、学問のような正しいとか間違っている世界ではなく、関係の世界。好きか嫌いかの世界。あなたがラーメンを好きなのは間違っているって?おかしいやん。

今日の8番目の言葉も誰かに話しかけているような文章。聖書に書かれている神様に話しかけている。。聖書の世界って数学のような学問ではない。。数学に話しかける人はいない。。聖書は数学とは違う。。大切な人との出会いみたいなもの。。今もブラジルにも何千万人もの人が出会って慰めを受けている。。

第4回もお楽しみに!じゃね!ちゃお 

 太字部分引用: Você para Deus
 http://www.voceparadeus.com/2015/11/30-versiculos-para-conforto-no-sofrimento.html

あなたを慰める言葉 第1回
あなたを慰める言葉 第2回

 

gf01a201503312300

ボンジア!!

6、それにもかかわらず、主は彼らの叫びを聞かれたとき、その悩みをかえりみ、、(詩篇106篇44節)

聖書はいいいます。神は愛だと。。1に愛、2に愛、3にも4にも5にも愛だと言います。旧約聖書には苦しみから助け出されても調子がよくなると神様を忘れる多くの人々が描かれています。それにもかかわらず何度でも助けて下さるとおっしゃっています。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」のは現代の人々も同じです。でも神様は現代人も助けてくださいます。そんなアホな!助けてくれへんくれへん!なんて言われそうですけど。。これがほんとかどうかは信じるしかありません。。クリスチャンっていうと敷居が高そうな感じがするかもしれませんが、信じればクリスチャンってだけのことです。。メッチャ簡単です。

7、あなたの約束はわたしを生かすので、わが悩みの時のなぐさめです。(詩篇119編50節)

聖書はいいます。聖書の言葉は真実だと。神様から人間への約束だと言います。なんか話しがうますぎへんか?いや、ほんまうますぎます。確かに。僕も聖書が正しいとはよういいません。聖書は数学とはちゃうから証明出来ませんし。。私が言えることは、、私は信じてますが、現実お金儲けには苦労しているし、体調もよくない。でも心は穏やかです。。そして不思議と生きていくために必要なものは与えられている。。だから信じるしかないんです。。だから信じる者は救われるんです。。確かに上手い話には気をつけなあきまへん。でも何事も例外があります。

まっ、信じるか信じないかは個人の自由ですし、信じたくても信じれないこともありますしね。。

第3回もお楽しみに!じゃね!ちゃお 

 太字部分引用: Você para Deus
 http://www.voceparadeus.com/2015/11/30-versiculos-para-conforto-no-sofrimento.html

あなたを慰める言葉 第1回

 

gf01a201503312300

ボンジア!!さあ、、そろそろクリスマスが近づいてきました。。クリスマスは、当然キリスト教が主役。。のハズなんですが、なんかちゃうなあ。。

ですので、折角のこの時期、聖書を味わってみましょう!!たのんまっせほんまに!!

1、わたしの苦しみ悩みをかえりみ、わたしのすべての罪をおゆるしください。(詩篇25編18節)

聖書がいう罪とは、法律に違反するとか、人の道に反することではなくて、心の持ち方です。それは神様を認めずに自分勝手に善悪を判断することです。。 様々な犯罪は自分勝手な判断による結果ということです。


2、兄弟達よ。苦しみを耐え忍ぶことについては、主の御名によって語った預言者たちを模範にするがよい。(ヤコブの手紙5章10節)

苦しみの意味は、単なる自業自得ではなく、 苦しみは人が益々、神様を意識し、神様と共に歩む満たされた人生を歩むために用いられます。 アブラハムやダビデ王にも数々の艱難がありました。

3、神は苦しむ者をその苦しみによって救い、彼らの耳を逆境によって開かれる。(ヨブ記36章15節)

4、神のみこころに添うた(神による)悲しみは、悔いのない救を得させる悔改めに導き、この世の悲しみは死をきたらせる。 (第2コリント7章10節)

神様を知っている人は、苦しみに希望を見出すことが出来ますが、神様を知らない人には、苦しみに何も意味を見出すことが出来ないという意味だと思います。

5、 主が(神様が)あなたの労苦と不安を取り除き、またあなたが服した苦役を除いて、安息をお与えになる・・・
(イザヤ書14章3節一部)


 人は結果を気にします。結果の為に努力し、そして結果が得られれば、自分の努力の賜物だと自分を褒める場合もあるでしょう。しかし、努力が出来たというのも様々な条件があったため出来たのではないでしょうか?もし病気だったらどうでしょう?もし戦争だったらどうでしょう?もし・・・。数え上げたらキリがないぐらい様々な条件の下に人間は置かれています。努力出来るというのも、まさに奇跡的なことのような気がします。 

 聖書はいいます。「結果」は神様によって与えられると。成功もさることながら、失敗や苦しみも神様が与えるものです。苦しみももっともいい時に神様が取り除いてくださいます。苦しみを取り除くために努力することを否定はしません。しかし、苦しみが除去されるか否かは神様によることを覚えたいです。苦しみを除去することだけにとらわれず、苦しみの意味を考えたいものです。 

第2回もお楽しみに!じゃね!ちゃお 

太字部分引用: Você para Deus(ブラジル)
 http://www.voceparadeus.com/2015/11/30-versiculos-para-conforto-no-sofrimento.html 



ブラジルゴスペルシンガー ニベア・ソアレス 「Em Tua Presença」(以下、日本語訳)

ここに居たい
罪が許され、取り去られるあなたの御前に
愛に満たされ情熱も無くなることのないあなたの御前に

主イエス、あなたの御前に 聖霊様の導きに任せます。降伏します
私の苦しみはあなたの愛の中にあります あなたの御前に

ここに居たい 力におぼれ、富に目がくらむことのないあなたの御前に
この世や情欲に惑わされることのないあなたなの御前に
主イエス、あなたの御前に 聖霊様の導きに任せます。降伏します

私の苦しみはあなたの愛の中にあります あなたの御前に
主よ!あなたの御前に あなたの愛に留まりたい
まことのぶどうの木、主キリストに イエス様!
あなた以外に欲しいものはない
私の心をあなたに引き寄せて下さい
あなたの御前は、あなたの栄光はなんと素晴らしいことでしょう

来る日も来る日もあなたに飢え渇いています
私の心には益々あなたへの情熱が湧いてきます
主キリストによって

自宅でくつろぐようにあなたの御前でくつろぐ人々
あなたは愛の歌を謡います。心をこめて、全てをかけて
でもこの世界に疲れ、この冷え切ったこの世界に疲れます
しかし、聖霊が心を奮い立たせ再び新しい歌を歌います
祝いの音色を知る幸運な国民よ!
聖霊が教会に語る事を聴く事が出来る幸運な国民よ!
聖霊よ!燃え盛る火のように来て下さい 私達の心を燃やして下さい
回復して下さい 愛を取り戻して下さい!

ブラジルゴスペルシンガー
ニベア・ソアレス

 「聖霊」と「イエス」とは、それぞれ同じように信じる人々を励まし、導いて下さると聖書を言っています。 イエス様は2000年程前に12弟子達と共に人々を愛し、必要を満たして下さっていましたが、十字架に架かり3日目によみがえり天に昇られました。その後、聖霊がこの世界に来て信じる人々をイエス様が弟子を導かれたように完璧に導いて下さっているということなんです。。人間はこの聖霊に全てを任せれば、あとは導いて下さる。戦いに敗れた兵士が降伏するように、この人生の荒波に世間の荒波に敗れた人間は、聖霊に降伏すればいいんです。。

じゃあね! チャオ! 

↑このページのトップヘ