カテゴリ: RELIGION(宗教よりも絆と訳した方がいい)

最近、フェイスブックで朝鮮(北朝鮮)友好協会(ポルトガル語)のページをフォローしてます。


因みに、



日本語ページはないみたいですね。だから、ちょっと訳してみますね。



「振り返れば80年の人生、息子のような国民に捧げた人生であったと言える。
国民のために私の一生を捧げ、革命への道を歩んできた。それ以来、私の心は
国民への愛で満たされている。金日成」





うん!?金日成なんや。


いや、とにかく、圧倒的に金日成についての投稿が多いんですよね。



金正恩の影は薄い。お腹は分厚いけどな。


なんでだろう。。。



やっぱ、神なんですよね。金日成は。



僕はクリスチャンやから、こう考えるんかな。



クリスチャンは、2000年前のキリストを未だに生きているかのように信じている。


(まっ、信じていないクリスチャンもいるみたいだけど、まっ、それはさておき)



でも、北朝鮮の考え方はすご~く宗教的。。



因みに、平壌は昔、東洋のエルサレムと呼ばれるどクリスチャンがたくさんいて金日成もお母さんに連れられてキリスト教会に通っていたらしい。。って佐藤優さんが書いてたよな。




じゃ、金正恩は一体なんのか?


金日成の化身ってやつかな?


正恩は、姿かたちがおじいちゃんの金日成そっくり(にしてる)でしょ!


多分、正恩は金日成なんだろうな。



じゃっ、キリスト教には、キリストの化身はいるのかって?


(なんか、自分はキリストだとかいうおじさんとかおばさんが時々出てくるけど、それはさておき)



キリストが生きてる。化身じゃなくて、キリストご自身が生きている。だって3日目に甦ったでしょ!



そして、このことを信じているクリスチャンは「キリストの体の一部」ということになってる。



だから、クリスチャンは体の一部として、必要とされている。だから、だから、生きていくために必要なものもすべて与えられる。。


だってそうでしょ! 自分の体を考えてごらんなさいませ。


内臓は、血管は、腸は、、自分が死ぬまで機能して、養われるわけじゃんね。



血管は、自分で何か生きていくためにどっかで稼いでるの?


で必要な栄養分はあたえられてるやん。




ちょっと、まって、何おとぎ話みたいなこというてんの。




でも、これがほんとならめっちゃ幸せじゃない?だってキリストが養ってくださるんやから。


とりあえず、僕は養ってもらってますね。


だから今日もブログを無事に更新。チャオ!



ところで、金正恩さんは養ってくれてるんやろか?

ler-a-biblia-orar

悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(新約聖書:エペソ書6章11節12節)

ちょっと、過激なテーマに致しました。。

聖書は悪霊について、



主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、を悪(悪霊)だとしています。



ローマ・カトリック教会は、キリスト教2000年の歴史の中で、



事実上、政治権力を保持した時代がありました。ローマ帝国、神聖ローマ帝国


の時代に教皇が国家の頂点に君臨しました。


これは、事実上、宗教団体というよりも政治団体であったと言わざる負えません。


当時のヨーロッパでは、教皇は絶対的であり、教皇が帰依するキリスト教も絶対的な存在でした。


そこに住む住民は、有無を言わさずにキリスト教徒に改宗させられました。



これは、北朝鮮ともあまり変わりがありません。



国家には義務が伴います。残念ながら、古今東西を問わずです。


徴兵制があります。徴兵制がなくても、国民には納税の義務があります。



義務とは人間の自由意志に関わらず、絶対的に履行しなければならないこと。


この事実の前に現代市民は思考停止せざる負えません。


しかし、これは自由意志を持つ人間の権利(人権)に対する挑戦ではないかと思えてしまいます。


国家は義務によって成り立っています。人間の思いを無視する強制力というある意味「暴力」が国家には付与されています。



キリスト教の経典である聖書は、悪の特徴としてしばしば「暴力」を挙げています。




あなたの唇の言葉を守ります。暴力の道を避けて (詩編17編4節)

神に逆らう者よ、神に従う人の住みかを狙うな。その憩いの場で暴力を振るうな。 (箴言24章15節)



国家とは本質的には暴力というシステムを内包する装置です。国家とは暴力装置なのです。



しかし、人間社会は残念ながら、この暴力装置がなければ成り立ちません。



もし無税になったら、どうなるでしょうか。たちまちカオスに陥ってしまう。


やはり人間は不完全(罪人)である所以でしょう。



キリスト教徒も、そんな不完全な人間に変わりはありません。


だからローマ・カトリックのような失敗もありうる。


プロテスタントだって、同じです。同じような失敗に陥る危険性を孕んでいます。牧師の言うことが絶対化されたり。。ロシア正教もギリシャ正教だって同じです。

ler-a-biblia-orar



悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ書6章11節12節)


この箇所だけ読むと、特にクリスチャンではない皆様には、おどろおどろしい嫌な感じを受けるかもしれませんね。


この世界の主権や支配者たちは「悪霊」だと断じているからです。



しかし、「国家は暴力装置である」という識者の方もおられる通り、



歴史を見ると、国家とは恐ろしいものです。


歴史は、国家のプロパガンダに翻弄されてきた歴史であるともいえます。


戦後、在日朝鮮人の方々は北朝鮮を「地上の楽園」だと信じ、北朝鮮へと帰国しました。


戦前からの日本人の海外移民も、当時の日本政府は南米を「地上の楽園」だと吹聴しました。そして南米へと多くの方々が移民していきました。



しかし、


現実は程遠いものだったようです。


今も年金問題云々で、騒がれていますが、



やはり、国家を信じてはいけないと思います。


それは国家を司る政治家がだれであるかは関係ないでしょう。


自民党であれ、共産党であれ、立憲民主党であれ、信じてはいけないと思います。


それでは、政府なんかいらないのでしょうか?


再び新約聖書に戻ります。

そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。(第2テモテ2章1節2節)


為政者のために祈り、為政者について感謝するように。それこそ幸せな人生の秘訣であると言っています。


これも為政者がだれであるかは関係ありません。自民党でも共産党でも。


どんな為政者であっても祈りましょう。と。


国家による、警察そして社会福祉は、完全ではないけれども、それらによって我々の生活は支えられています。

国家とは必要悪なんだと思います。
人間の罪故なのでしょうか。

ler-a-biblia-orar




私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。(ガラテヤ書2章20節)


と、最近思います。感じます。確信します。


もちろん、相変わらず、この世の中を自分が生きています。自分の足で歩いています。


が、自分の心の中には、イエス・キリストがおられる。ということ。


人生の運転手がキリストに代わったということです。


キリストは愛に満ちておられるお方。


そして、


このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されている(コロサイ2章3節)



こんなイエス様が自分の内に生きて下さること素晴らしいことはありませんよね!



いろいろと自分で一生懸命考え、行動してきました。


疲れちゃいますよね。。


そして失敗もする。。。。。


でも、もうこういう人生からはお別れです。キリストが運転手だから。導いてくださるから。


どうしたら、キリストが自分の内に生きるようになるのでしょうか?


それはキリストに自分の人生、自分のすべて、自分の判断、考えも捨てて、キリストにすべてをお任せすればいいんです。





donald-trump


 エルサレムを首都として認めたアメリカ・トランプ大統領の姿勢は、日本では殆ど受け入れられていないように思います。



日本で報じられているトランプ大統領の決断の背景は、

ウォール街を席捲し、大口献金者であるユダヤ人富裕層へのリップサービス

トランプ大統領の支持層であるキリスト教福音派への配慮

といったところでしょうか。

しかしなぜ、エルサレムを首都と認めることが、キリスト教福音派への配慮になるのでしょうか??


そもそも、イスラエルの大半の人は「ユダヤ教徒」です。キリスト教徒ではありません。

そのあたりの理由はあまりはっきりと説明されていないように感じます。


エルサレムは、イスラム教、ユダヤ教そしてキリスト教の聖地であると日本でも報じられています。


そうなのであれば、ユダヤ教徒が大半を占めるイスラエルの首都として認めるということは、エルサレムをユダヤ教徒に譲るということであって、キリスト教徒にとっては受け入れ難いことなのではないでしょうか?




このあたりのことを、日本のメディアはあいまいにしているような気がしてなりません。


しかし、世界を見るにあたって、これについての理解は極めて重要であると思います。。


そこでまずは、エルサレムはキリスト教の聖地なのか考えてみたいと思います。。

クリスチャンにとっての聖地を考えるにあたり、次の聖書の箇所を参考にしたいと思います。

わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。(ピリピ3:20)
自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。(第1コリント6:19)
「聖地」とは、その信仰の対象である神がおられる所です。


キリスト教の聖地とは、この世界のどこか具体的な「場所」ではないと理解します。神がおられる「天」であり、イエス・キリストを信じるときに与えられる「聖霊」が宿るクリスチャン自身が「聖地」です。


確かにキリストはエルサレム近郊で生まれ、十字架に架かったのはエルサレムでしたが、だからといってそこを聖地であるとは考えません。エルサレムにおられる訳ではありません。天におられ、そして信じるクリスチャン一人ひとりと共におられます。

ですから、クリスチャンにとって、エルサレムがユダヤ教徒のものになろうが、イスラム教徒のものになろうが、それは大したことではありません。


(私は、キリスト教福音派(に近い)だと思いますので、福音派ではない方々とは考え方が違うかもしれません。そして福音派でも異論がある方がおられるかもしれません。)


まず、このことを踏まえるべきだと思います。。

トランプ大統領は、自分はクリスチャンであるとはっきり表明しています。そして、ペンス副大統領は敬虔な(ガチガチな)福音派クリスチャンとして知られています。



となると、新たな疑問が生じます。




クリスチャンにとって、イスラム教徒のものでもユダヤ教徒のものでもどちらでもよいのなら、なぜ、ユダヤ教徒をえこひいきしているかのような態度をとるのでしょうか??


これを考えるにあたっても、聖書を参考にしたいと思います。


その日、主はアブラムと契約を結んで仰せられた。「わたしはあなたの子孫に、この地を与える。エジプトの川から、あの大川、ユーフラテス川まで。(創世記15章18節)

彼らは確かに喜んでそれをしたのですが、同時にまた、その人々に対してはその義務があるのです。異邦人は霊的なことでは、その人々からもらいものをしたのですから、物質的な物をもって彼ら(イエス・キリストを信じるユダヤ人)に奉仕すべきです。(ローマ15章27節)


クリスチャン、特に福音派と呼ばれるクリスチャンは聖書を人生の唯一の規範であると受け入れています。そして、その規範を受け入れ実践していくときに祝福されると信じています。

聖書にこのような箇所があるので、クリスチャンとしてその言葉を受け入れているので、ユダヤ人に好意的な態度をとっているということです。

アメリカ歴代大統領は、すべてクリスチャンです。大統領によって、その信仰度合いは異なりますが、基本的にはユダヤ人に好意的な態度をとることに異論はありません。アメリカ連邦議会では既に1995年、イスラエルの首都がエルサレムであることが可決されている背景にもこのような理解があります。

ただ、私は個人的には、今回のトランプ大統領の決断を賛成は出来ません。。反対というわけでもありません。正直よくわかりません。聖書は決してユダヤ人だけを愛しなさいとは言っていないからです。。


隣人を自分のように愛しなさい。(マタイ23:39)

この隣人とは、ユダヤ人ではありません。。すべての人が対象です。イスラム教徒の方ももちろん含まれます。


それではなぜ、トランプ大統領はこのタイミングで、エルサレムを首都と認めたのでしょうか?

ここで、興味深い歴史的背景をご紹介したいと思います。

歴史的にユダヤ人に好意的な態度をとると栄え、迫害すると滅びる傾向があります。。

まずは、ヒトラーです。。ご存知の通り滅びました。そして、ヒトラーに味方した日本(大日本帝国)も滅びました。。


しかし、日本がユダヤ人と協力関係の下で戦った日露戦争では、勝利しました。(その辺のことは司馬遼太郎の坂の上の雲に詳しく出ています。。)当時ロシアで苦しむユダヤ人の助けになると考えたジェイコブ・シフという銀行家が多額の戦費を調達してくれました。


大英帝国の礎を築いたと言われているのは、ベンジャミン・ディズレーリ首相です。ユダヤ系移民である彼をイギリス人は首相に選び、ディズレーリ首相が、スエズ運河の権益を手にしたことが、イギリスの飛躍の要因と言われています。。。

他にもまだまだあります。



恐らく、このあたりの歴史的背景ぐらいは、トランプ大統領も当然知っているでしょう。

アメリカ・ファーストを標ぼうし、アメリカの繁栄を取り戻すことに使命感を覚え、本気で実現しようと思っているのかなあと思います。。



このような明白なユダヤ人への協力姿勢にトランプ大統領の何か並々ならぬ決意を感じてしまうのですが、、北朝鮮への侵攻でなければいいのですが。。











↑このページのトップヘ