悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

カテゴリ: RELIGION(宗教よりも絆と訳した方がいい)

1436

レイプ、痴漢への対策として、すでに様々な取り組みがなされています。


しかし、依然として無くなる気配はありません。


殺人事件はニュースの見出しに登場してきますが、


レイプはそこまで取り上げられません。よっぽど有名人が加害者であれば別ですが。



殺人とは、他人を殺めること。


自殺とは、自分を殺めること。


ですから、自殺も殺人とすべきなのです。


そしてある意味、自殺というのは殺人よりもタチが悪い。



なぜなら、加害者自身(自殺者自身)が死んでしまって、加害者自身が罪の自責に駆られることがないからです。


少しキリスト教的にいえば、自分の罪を悔い改めるチャンスすらない。


もちろん、死後どうなるのかわかりません。もしかしたら、死後に何らかのしかるべきチャンスがあるのかもしれませんが、はっきりしません。全くない可能性もあります。



加害者が悔い改めるという、一見あまり意味のあることとは思えない行為は、


実は被害者の家族への慰めにつながります。心からの悔い改めは有益なのです。


ごめんなさい。レイプ、性犯罪についての話なのですが、前置きが長くなりました。



ところで、レイプですが、


これは、精神的な殺人ではないのかと思います。人格の殺人でもいいかもしれません。


人間は物質ではありません。心がある。魂がある。


良いこともできるし、悪いこともできる。



これこそ人間の尊厳だと思います。



レイプというのは、人間の尊厳を無視して、人間をあたかも物質のようにあつかう行為です。



物質として扱われた人は、その人格が破壊されます。



実際、レイプ被害で人格が大きく変わってしまった人はたくさんいます。


レイプによって人格が殺されるのです。



だから、




レイプとは本質的には殺人です。



まずは、レイプは殺人であることを、少なくとも頭の片隅にでも入れていただきたいと思います。


まっ、ちょっとぐらいいっか!なんて軽い気持ちでできるような行為では断じてないわけです。


これが理解できれば、レイプは無くなっていく。。


実はそんな甘いものでは残念ながらありません。



これが人間の本性。人間は不完全です。


いくら頭で理解しても、行動に移すことはなかなかできません。不完全ですから。


こんな不完全な人間はそれでは、一体どうすればいいのでしょうか?


レイプよりも快感なことを見つけること。。だと思います。


性的欲望に優る快感。。ちょっと想像がつきません。


それぐらい欲望というものは強い。



でも、、、、、性的な快感というものは一時的です。続かない。


虚しさだって伴うこともある。


それでは一時的な性的な快感に優るものとは、永続性がある何かでしょうか。


そんなものはあるのでしょうか?


覚せい剤でしょうか?麻薬でしょうか?


いやいや、これも一時的快楽です。


ちょっと思い当たりません。続くもの。永続性のあるもの。。



こんなものがあれば、もうとっくにレイプなんてなくなってるでしょ!!


そうなんです。結局ないんですよ。残念ながら。


じゃあ、諦めるしかない。もう人間にはできないことを認めるしかないんです。



人間には解決できないことを認める。。


でも、これがレイプをしないための第一歩だと思うんです。



欲望に勝てるわけがないんです。人間にはどうしようもない。



だから、神頼みしかないんです。



ここに宗教の存在価値があります。




レイプをしなくてもいい。そのための答え、本当に役に立つ答えを持ち得ない宗教であれば、



無くなればいいんです。それはマガイ物です。



宗教は過去の遺物ではありません。



聖書はいいます。



「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。」



聖書はいいます。


「すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。」



この世界を創造し、人間も作ったのだから、誰よりもこの世界のことを熟知し、人間のことも熟知している。


そしてこの世界を今でもこれからも未来永劫コントロールする。だから、もう全てを神さまにささげなさい。自分の力に頼るのをやめなさい。。死になさい!!



ということです。


クリスチャンになると、バプテスマを受けます。これは水中に少しの時間自分の体を沈める儀式ですけれど、これは死ぬことを表しています。




自分がしんじゃったら、どうやって生きていくの!



大丈夫です。。神様が、イエス・キリスト様が生きてくれます。



自分の中に住んでくださいます。


聖書はいいます。



「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。」(ガラテヤ2章20節)



これが信じるということです。信じたらキリストが生きてくださる。



信じるとはとてもとても意義深いことなんです。ダメな自分からさよならできるからです。


キリストが代わりに生きてくださるというのは、どういうことになっていくんでしょうか?


聖書はいいます。

「あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない」(イザヤ書43章2節)

 きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。


 「
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。


こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。


だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」
 


ここまでかかれると、にわかに信じがたくなっちゃいますよね。。実際、私も、火の中を歩いたことがないのでわかりませんが、、


でも、キリストが生きてくださる人生はまあ、それはそれは気持ちいいですよ。

必要なものはくださるし、、

この快感を味わうしか、解決の道はないと思いますけどね〜。


もし、これ以外の答えを提示できないのであれば、信じるべきです。

科学の力でレイプを無くせるのであれば是非教えてください。





image


カトリックの国として知られるスペイン。


スペインでは今、カトリック信者だとしている人が66.3%ですが、礼拝に参加したり、実際に信仰を告白している人は22.7%。


そして、自分を無神論者、不可知論者、または宗教に関心がないと考えている人の割合が29.1%。



こんな調査結果が、スペイン社会科学調査センター(CIS)の調査によって明らかになりました。


宗教無関心層がカトリック礼拝参加者を上回るのは調査開始以来初めてのこととのことです。




これは、物凄いことだと思うんです。政治体制の変化や革命などよりも意味深く重要な変化だと思うんです。



宗教とは心の拠り所です。何に頼って生きているのかの問題です。



だから、宗教の変化というのは、人々が何に頼って生きているのかが変化しているということなんです。




日本では、ちょっと信じられないことではないですか?



日本の宗教割合は、ここ何十年とほとんど変化していません。日本人の拠り所はここ何十年と変わっていません。そして、これは当たり前のことのように思えるかもしれません。



ですが、世界を見渡せば、これは当たり前ではないんですね。


人々の拠り所は変化しているんです。これは間違いなく、社会に変化をもたらします。


良い変化になるのでしょうか?悪い変化になるのでしょうか?


個人的には、スペインの場合は、悪くなっていくと思います。



無神論を国是とした共産主義国家は、消滅もしくは、大きく姿を変えました。



フランスでは、フランス革命によって絶対王政からの解放が実現しました。この時代のバックボーンは人間中心主義、宗教は軽視された時代でした。


しかし、ジャコバン派の粛清などでもわかるように、


相互の不信感に陥り、大量殺戮を生み出し、ナポレオンの独裁に繋がりました。



スペインはどうなるのでしょうか?


この傾向は決してスペインだけではないようです。スペインと同じカトリック教国フランスでも、礼拝出席者は19%、そしてアメリカでも、無関心層の割合が近い将来、いわゆるキリスト教福音派を上回るのではないかと言われています。


参照:RFI

http://br.rfi.fr/europa/20190802-pela-primeira-vez-espanha-tem-mais-ateus-agnosticos-e-descrentes-do-que-catolicos-pr





ler-a-biblia-orar


サッカーの世界的アスリート、クリティアーノ・ロナウドが、2009年にアメリカ・ラスベガスで性的暴行を働いたとして告発されていたものの、結局警察当局は嫌疑不十分と結論付けました。


これは日本でも報じられてますね。

2009年、アメリカ人女性キャサリン・マヨルカさんが、性的暴行を受けたとして告発しましたが、具体的な場所を特定しなかったんですね。。これはどうも、キャサリンさんとクリスティアーノの間で機密保持契約(ってかいてあるんだけど示談のようなものかな)が成立していたようで、キャサリンさんは、

32万4000ユーロ(約3900万円)を受け取ってらしいんです。


こう書くと、キャサリンっていう人が、事の真相はわかりませんが、ずる賢く感じますね。


ところで、新約聖書ルカの福音書には、こんなことが書かれています。

「この世の子らは、自分たちの世のことについては、光の子らよりも抜け目がないものなので、主人は、不正な管理人がこうも抜け目なくやったのをほめた」ルカの福音書16章8節


とあるんです。光の子とはクリスチャンのことでしょう。そして主人とは神様のことです。


神様は抜け目のなさをほめてます。キャサリンさんって抜け目ないように思っちゃいますよね。


見事ですよ。


そして、このルカの福音書では「不正の富で自分のために友をつくりなさい・・・」と続いていきます。


不正の富って、ここでは、悪いことをして得たお金ではないらしいです。


この世界、この現実世界の富なんだそうです。、、だからお金っていうことですよね。

この世界は不正なんだって言ってるんですよね。人間はみんな不完全だから、完全な神様から見たらもう不正だらけなんですよね。この世界は。



最近、吉本興業の芸人さんが、振り込め詐欺から得た収益からギャラを得ていたことが問題となってますけど、、ちょっと騒ぎすぎなんじゃないかと思うんですよね。


大体、芸人さんが振り込め詐欺をやったわけではないんですよね。たまたま貰ったお金がそういったお金だっただけです。


お金に綺麗も汚いもないんですよ。聖書的に言ったら、お金なんて汚いものなんです。


でもそんなお金でも抜け目なく用いなさいっていってます。



芸人さんまったく悪くないと思います。


まあ、それでもクリスティアーノみたいなお金持ちって大変ですね。


「不信実と偽りとを私から遠ざけてください。貧しさも富も与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。」旧約聖書箴言30章8節


ほどほどがいいんですよ!!






参照:correios de manhã

https://www.cmjornal.pt/desporto/futebol/detalhe/cristiano-ronaldo-ilibado-no-caso-da-alegada-violacao-a-mayorga?ref=Mundo_DestaquesPrincipais

最近、フェイスブックで朝鮮(北朝鮮)友好協会(ポルトガル語)のページをフォローしてます。


因みに、



日本語ページはないみたいですね。だから、ちょっと訳してみますね。



「振り返れば80年の人生、息子のような国民に捧げた人生であったと言える。
国民のために私の一生を捧げ、革命への道を歩んできた。それ以来、私の心は
国民への愛で満たされている。金日成」





うん!?金日成なんや。


いや、とにかく、圧倒的に金日成についての投稿が多いんですよね。



金正恩の影は薄い。お腹は分厚いけどな。


なんでだろう。。。



やっぱ、神なんですよね。金日成は。



僕はクリスチャンやから、こう考えるんかな。



クリスチャンは、2000年前のキリストを未だに生きているかのように信じている。


(まっ、信じていないクリスチャンもいるみたいだけど、まっ、それはさておき)



でも、北朝鮮の考え方はすご~く宗教的。。



因みに、平壌は昔、東洋のエルサレムと呼ばれるどクリスチャンがたくさんいて金日成もお母さんに連れられてキリスト教会に通っていたらしい。。って佐藤優さんが書いてたよな。




じゃ、金正恩は一体なんのか?


金日成の化身ってやつかな?


正恩は、姿かたちがおじいちゃんの金日成そっくり(にしてる)でしょ!


多分、正恩は金日成なんだろうな。



じゃっ、キリスト教には、キリストの化身はいるのかって?


(なんか、自分はキリストだとかいうおじさんとかおばさんが時々出てくるけど、それはさておき)



キリストが生きてる。化身じゃなくて、キリストご自身が生きている。だって3日目に甦ったでしょ!



そして、このことを信じているクリスチャンは「キリストの体の一部」ということになってる。



だから、クリスチャンは体の一部として、必要とされている。だから、だから、生きていくために必要なものもすべて与えられる。。


だってそうでしょ! 自分の体を考えてごらんなさいませ。


内臓は、血管は、腸は、、自分が死ぬまで機能して、養われるわけじゃんね。



血管は、自分で何か生きていくためにどっかで稼いでるの?


で必要な栄養分はあたえられてるやん。




ちょっと、まって、何おとぎ話みたいなこというてんの。




でも、これがほんとならめっちゃ幸せじゃない?だってキリストが養ってくださるんやから。


とりあえず、僕は養ってもらってますね。


だから今日もブログを無事に更新。チャオ!



ところで、金正恩さんは養ってくれてるんやろか?

ler-a-biblia-orar

悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(新約聖書:エペソ書6章11節12節)

ちょっと、過激なテーマに致しました。。

聖書は悪霊について、



主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、を悪(悪霊)だとしています。



ローマ・カトリック教会は、キリスト教2000年の歴史の中で、



事実上、政治権力を保持した時代がありました。ローマ帝国、神聖ローマ帝国


の時代に教皇が国家の頂点に君臨しました。


これは、事実上、宗教団体というよりも政治団体であったと言わざる負えません。


当時のヨーロッパでは、教皇は絶対的であり、教皇が帰依するキリスト教も絶対的な存在でした。


そこに住む住民は、有無を言わさずにキリスト教徒に改宗させられました。



これは、北朝鮮ともあまり変わりがありません。



国家には義務が伴います。残念ながら、古今東西を問わずです。


徴兵制があります。徴兵制がなくても、国民には納税の義務があります。



義務とは人間の自由意志に関わらず、絶対的に履行しなければならないこと。


この事実の前に現代市民は思考停止せざる負えません。


しかし、これは自由意志を持つ人間の権利(人権)に対する挑戦ではないかと思えてしまいます。


国家は義務によって成り立っています。人間の思いを無視する強制力というある意味「暴力」が国家には付与されています。



キリスト教の経典である聖書は、悪の特徴としてしばしば「暴力」を挙げています。




あなたの唇の言葉を守ります。暴力の道を避けて (詩編17編4節)

神に逆らう者よ、神に従う人の住みかを狙うな。その憩いの場で暴力を振るうな。 (箴言24章15節)



国家とは本質的には暴力というシステムを内包する装置です。国家とは暴力装置なのです。



しかし、人間社会は残念ながら、この暴力装置がなければ成り立ちません。



もし無税になったら、どうなるでしょうか。たちまちカオスに陥ってしまう。


やはり人間は不完全(罪人)である所以でしょう。



キリスト教徒も、そんな不完全な人間に変わりはありません。


だからローマ・カトリックのような失敗もありうる。


プロテスタントだって、同じです。同じような失敗に陥る危険性を孕んでいます。牧師の言うことが絶対化されたり。。ロシア正教もギリシャ正教だって同じです。

↑このページのトップヘ