79F3235A-2284-4A44-B29E-DEEC819B423D

ブラジルのトランプと言われるボルソナロ大統領

ブラジルのボルソナロ大統領のツイッターの最初には、

「何よりもブラジル、なによりも神さま(GOD)」
とはっきりと掲げられています。 
「 クリスチャンの中のクリスチャン」
と言ってはばからないアメリカトランプ大統領
とよく似た発言と言えます。 


アマゾン大火災に端を発したフランス・マクロン大統領との
丁々発止のやりとりの末、総額21億円もの「望まない資金供与」
を受けるはめになったボルソナロ大統領は、
「ブラジルを植民地化しようとしている」とクギを刺すことを
忘れていません。



一方ブラジル国内での政策では、
「聖域なき民営化」を掲げています。
郵便局、電気公社(エレトロブラス)、石油公社(ペトロブラス)など、。。



大統領に就任してまもなく一年を迎えようとしています。
インフレ率は3.5%と安定し、世界第10位の外貨準備高は3800億ドルに及び
投機マネーリスクにも十分対応できると言われています。
(ちなみに日本の外貨準備高は世界第2位で1兆2790億ドルです。。)


財政赤字の是正を今年中に達成する目標は難しいようで、早くても2023年
まではかかるのではという予測となっています。



物議を醸すのが大好きだと言われるボルソナロ大統領
これが吉とでるのか凶とでるのでしょうか??



参照:ラジオ・フランス・インターナショナル
           http://br.rfi.fr/brasil/20190906-gosto-pela-polemica-de-bolsonaro-esta-prejudicando-economia-brasileira-diz-les-echos