2865


カルースト・グルベンキアンをご存知ですか?

オスマン帝国にアルメニア人の両親の元に生まれ、石油産業への貢献や、イスラミックアートの収集家としては、やはり石油で富を築いたジョン・D・ロックフェラーとともに世界的に知られています。


彼は晩年、ポルトガルのリスボンで過ごしたので、リスボンには彼のコレクションを中心とした「カルースト・グルベンキアン美術館」があります。


今年は特にグルベンキアンの生誕150年にあたるため、特別展が開催されています。


イスラミックアートは、一時期ヨーロッパ美術に新しいスタイルを生み出しすほど影響を与えました。



この展示会では、コレクショニズムとリアルポリティークの関係に焦点を当てているらしいです。


政治と芸術の関係性ってあるもんなんですね。やっぱり当ブログでもアート、特に現代アート分野は外せないですね。


政治と芸術の関係、当ブログでも可能な限り深掘りしていく予定です。



参照:  カルースト・グルベンキアン美術館   https://gulbenkian.pt/museu/colecao-do-fundador/