ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。



シリア国内ロシア空爆地域にシリア空軍によって上空より撒かれたチラシ 「一刻も早く逃げてください。このチラシを持っている人には、必要な救援物資も支給する。」とアラビア語で書かれたこのチラシには明白にアメリカとイスラエルがISの背後にいることを示唆する画像も添
IS(イスラム国)を背後で操る国々と旧約聖書



「語学が出来る」というのは、読む、書く、聴く、話すの4つのスキルが習得出来た時に、本当に出来ると言えるのではないかと思います。語学は現地に行って生活すればなんとかなるのでは?なんて考えていませんか?これは、間違いです。日本語が流暢に使いこなせるのも、日常
語学習得の格安必須アイテム



聖書には、いつかこの世が終わるとはっきりと記されている。しかし、「ただし、 その日、 その時がいつであるかは、 だれも知りません。 天の御使いたちも子も知りません。 ただ父だけが知っておられます。」(新約聖書マタイ24:36)と、人間は勿論、イエスキリストにも分か



NHKでは、ロシアの空爆がISではなかった可能性を報じていますが、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151001/k10010254181000.htmlryuubufanのジオログさんが指摘しているように、ロシアのシリア空爆に関して、海外では日本と異なるメッセージが報じられている。我々はこのよ



 ここ数カ月GloboやRecordoなどのブラジル大手メディアでもIS(Islamic state)の核保有については、しばしば報じられている。今年6月のキリスト教系ニュースサイトGOSPELPRIME(ブラジル)は、 今年6月のオーストラリア外務大臣の報告によると、ISが現地の病院などから押収し



人は、主義主張を持っています。そして人は互いに主義主張が違う場合には論争し、結果的に分裂することも往々にしてあります。最近話題になっているSEALDs(シールズ)も立憲主義、生活保障、安全保障を掲げ、現政権に対して激しく抗議運動を展開しました。シールズの皆さん続きを読む

↑このページのトップヘ