悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。



記事のタイトルに悩んで悩んで・・。出たのがこれでした。。。新約聖書マタイの福音書5章34節、決して誓ってはいけません。天にかけて誓ってはいけません。そこは神の御座だからです。唐突に書いて申し訳ありません。「誓う」というのは「約束する」ということです。ここでは
【キリストの魅力】イエス・キリストは口は出すけど金も出す強制しない無限のベンチャーキャピタリスト



アメリカのポンペオ国務長官は、現地時間3日、ABCニュースのマーサ・ラダッツとのインタビューで、金正恩が行方をくらましていた間、何をしていたのか?との問いに対して、この間の彼の行動について、あなたと共有出来ることはあまりない。と、金正恩氏の行動について把握し
コロナの影でうごめく金正恩とトランプ



金正恩氏が何事も無かったかのように登場し、重病説は雲散霧消と化した。中国の医師団が北朝鮮に派遣されたという4月25日のロイターの情報は一体何だったのだろうか?実に不可解だ。ロイターは中国の複数の消息筋からの情報としている。中国当局の発表ではない。 医師団の派
恐るべき策士「金正恩」



まるで嵐の前の静けさだ。。と昨日の記事で締めくくった時には、(金正恩死亡のニュースの前の)嵐の前の静けさだ。と思った。嵐は来なかったのか。嵐の前だと勘違いしていたのか。なぜ、金正恩重病説が世界を駆け巡ったのか?2つの可能性が考えられる。1、金正恩が本当に外
金正恩氏再登場からわかったこと



子供を育てる必要はない。という親にとってはこの上ない朗報!?をお伝えします。「私はあなたがたを治めません。また、私の息子も治めません。・・・」これは旧約聖書士師記に登場するギデオンさんの言葉です。 ギデオンさんは今から約3300年前後に活躍した方です。ここで
【聖書】子育ての必要はない!?



朝鮮日報によると、韓国脱北議員池成浩(チ・ソンホ)氏が99%死亡説を公表した。世界を駆け巡っていると思いきや、韓国を除いて、各国主要メディアでは報道していない。北朝鮮公式外郭団体、朝鮮友好協会でもこれに関する報道はされていない。ただ、昨日まで正恩氏重病説を
「金正恩氏死亡99%確信」報道、北朝鮮、中国そして各国の動きは

↑このページのトップヘ