Skype interview with @mattfrei from Channel 4, London. https://t.co/Fj3rl2H8lF— Alejandro Cao (@DPRK_CAODEBENOS) 2019年6月30日 スペイン出身の北朝鮮対外文化連絡委員会代表 アレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏彼は、欧米ではおそらく結構有名なんだと思いますね。



悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ書6章11節12節)この箇所だけ読むと、特に
「国家」とは何か。。エペソ書6章から



昨日に引き続き宜しくお願いいたします。。。うん。なんと。なんだって。プラウダからの中国やベトナムなどの体制が近い国々とはどのような関係にあるのかという問いに対して、「通常の通商を行っていますし、資金の窓口でもあります。」資金の窓口とは意味深です。ですが制



ロシアのウェブメディア「プラウダ」と北朝鮮対外文化連絡委員会特別代表、アレハンドロ・カオ・デ・ベノスへのインタビュー記事ですが、これは2017年に収録されたものですが、プラウダで今日の人気ランキング記事でトップになってました。まず、北朝鮮の高官で、アレハンド



芸術には、何かインスピレーションのようなものが必要なんだと思います。瀬戸内海に浮かぶ芸術の島、直島。直島の中心的な美術館である地中美術館には光をテーマとしたジェームズ・タレルの作品、そしてクロード・モネの作品があります。なぜ「光」なのか?とかんがえた時、
シジバル・フィラ  芸術とインスピレーション、そしてキリスト教



G20大阪サミットで盛り上がっている日本の不意を打つかのように、、メルコスール(ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイ)とEUがFTAで暫定合意しました。さすがに日本でもロイターでも報道されています。さすがロイターです。このニュースのほうが、世界的影響力
メルコスールとEU FTAで暫定合意でこれからどうなるのかな

↑このページのトップヘ