悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。



昨日、中国新華社通信ポルトガル語版の金正恩氏再登場のニュースを読んで、再登場が「リン酸肥料工場」というところに引っかかって調べてみました。リン酸肥料というのは化学肥料です。現在世界的な流れとして有機農業志向が強まっています。。言わば、「脱化学肥料」 が進ん
金正恩委員長が「敢えて」肥料工場を選んだその訳



金正恩委員長が再登場して1週間余り。。お隣中国国内メディアの金正恩委員長の肥料工場視察についての報道にも違いがあって面白いですね〜。新華社通信ポルトガル語版とマカオのhojemacauというポルトガル語メディアを見ていきます。因みにマカオは、旧ポルトガル植民地でし



アレハンドロ・カオ・デ・ベノススペインと北朝鮮の二重国籍保持者で、北朝鮮のヨーロッパ代表として活動している人物をご存知でしょうか? 現地時間今月7日スペイン語仮想通貨情報サイト「Criptogaceta」にインタビュー記事が掲載されました。北朝鮮はここ数年、核疑惑問



北朝鮮で一体何が起こっているのか。金正恩氏再登場後、慌ただしくニュースが飛び交っている。キリスト教迫害監視団体オープン・ドアーズは、中朝国境に中国軍が20万人近く駐留していると伝えている。これは、香港民主化騒動の際、香港周辺に人民解放軍を集結させたことを思
金正恩氏の親書による習氏称賛に違和感



韓国デイリーNKが【寄稿】 金正恩氏の死亡説 うわさはどう生まれ、どう拡散した?というBBCの記事を掲載している。スティムソンセンターの北朝鮮指導部専門家マイケル・マッデン氏は、 北朝鮮が望む通りにうわさを認めたり否定したりするという、その気まぐれさを、私たち
金正恩はなぜ雲隠れしなければならなかったのか?



旧約聖書の士師記には今から3200〜3400年前のイスラエルの歴史が記されています。 アビミレクはそのイスラエルの支配者の一人でした。彼は兄弟が70人いましたがほぼ皆殺しにしました。今で言う権力闘争でしょう。この殺戮は後々尾を引くことになります。アビメレクに敵対す
クリスチャン的国家権力との付き合い方

↑このページのトップヘ