悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。



ソフトバンクが中南米でも投資を加速しています。3月に50億ドル規模の投資を発表していますが、さらに3億ドルの追加投資を現地ベンチャーキャピタルに投資したことを明かしました。ソフトバンク・ブラジルのアンドレ・マシエル最高経営責任者によると、「我々は小規模な会社
【ブラジル】ブラジル最大のベンチャーキャピタルになったソフトバンク



米州機構は、世界初の地域同盟として、1948年に発足しました。事実上、対共産主義としての位置付けで、アメリカ主導の地域軍事同盟としてスタートしました。実は日本もパーマネントオブザーバーとして関わっています。19世紀〜20世紀は、対外的不干渉主義、いわゆる「モンロ
米州機構と日米安全保障条約を比較したら、アメリカがよくわかる



李禹煥(リー・ウーファン)に感銘を受け俄然、現代アートに興味を持ち始めています。せっかくなら、もともと興味のある政治と芸術の関係について調べたいと思い、せっかくならポルトガル語サイトから学ぼうかなと思います。もしかしたら日本にはない視点があるかもしれませ
【アートと政治】カトリック教会の本質は「国家」なんでしょうか?



イギリスのカリスマ投資家、ジェレミー・グランドハムさんは、「 彼ら(アメリカ人)は2018年クリーンテクノロジーに対して65億ドルの投資をしたが、これはIT系スタートアップへの投資額のわずか15%に過ぎない」 と驚きを持って語っています。一方、アメリカ人投資家達は、
不勉強クリスチャンの考察・・アメリカとヨーロッパの環境問題への考え方の違い



ブラジルをはじめとする、ラテンアメリカ諸国とアメリカとの関係を勉強したいと思います。環境問題が声高に叫ばれる今日、ブラジルを始めとするアマゾン保有国は、国際的にも注目され、そして、国際的影響力も高まってきます。そして、依然として世界ナンバーワンの経済力を
中南米とアメリカの歴史その1



努力が重んじられる国日本。努力によって人生は大きく変わるはずです。わたしもそう思っていました。しかし黙示録13章には、驚くべきことが書いてあります。「 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名を書きしるされていない者はみな、彼を拝むよう
安っぽいタイトルですが、、聖書から学ぶプレッシャーから完全に解放される方法

↑このページのトップヘ