009B71B6-9B2B-4319-B10D-BEC05E0E6BF4

金正恩氏が何事も無かったかのように登場し、
重病説は雲散霧消と化した。

中国の医師団が北朝鮮に派遣された
という4月25日のロイターの情報

一体何だったのだろうか?実に不可解だ。


ロイターは中国の複数の消息筋からの情報
としている。中国当局の発表ではない。 
医師団の派遣という極めて秘匿性の高い情報
を公式に発表すると言うことはありえない。


これは中国当局による意図的なガセネタだった
のだろう。これは中国当局による重病説についての観測気球
だったのではないか?間接的に情報を流すことによって
重病説が間違いだった場合にもいくらでも言い訳できる。


これが事実だとすれば、中国と北朝鮮幹部との
コミュニケーションはほぼ断絶状態にあると言える。
観測気球を上げなければならない程情報がないのだ。


NHKの国際報道2020スペシャルで、興味深い指摘をしていた。
昨日の再登場の場面の金正恩氏の背後にある壁に、2020年5月2日
と書かれてあった点だ。北朝鮮では西暦の他に主体暦がある。主体暦
とはチュチェ(主体)思想の創始者金日成が生まれた1912年を元年
とする暦であり、今年は主体109年となる。

年号の表記はまず主体暦を書いて補足的に西暦を併記するのが
通常のようだが、主体暦が書かれていなかったところに着目して
いた。



当番組では、「金正恩氏の独自性を出していきたいのでは」と分析していた。
しかし、これによって、4月15日の金日成誕生日に恒例の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿
の参拝が意図的であったこと、合わせて正恩氏の健康状態はなんら問題無いことを
同時にアピールしているように見える。そして重病説も正恩氏の自作自演であった
ことさえ垣間見える。

これは一体どういうことなのであろうか?


織田信長は仮病を使い、確執のあった弟信勝を見舞いに来させ殺害した。
400年以上もの前の出来事を引き合いに出すのは滑稽だ
と一笑に伏されるかもしれないが、宰相の考えることなどいつの時代もそう変わらない。


大切な祖父の太陽節(金日成誕生日)を利用せざるを得ない程、
何かが起こっている証左かもしれない。

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
西岡力会長は、「金正恩と妹の与正(ヨジョン)らは、意図的に心臓手術失敗説を
流しながら、軍内の反対派組織をあぶり出して処断しようとしているのかもしれない。」
と分析している。

金正恩氏は何を目論んでいるのか。それを知っているのはトランプ大統領なのかもしれない。