beach-brazil-1409939


なんだか、ブラジルのボルソナーロ大統領が、ドイツメルケル首相やフランスマクロン大統領から、警告を受けたという、エル・パイースの記事に目を奪われ、咄嗟に読み始めました。




ブラジルのトランプと言われ、何かと物議を醸すことの多いボルソナーロ大統領。


マクロン大統領からは、



パリ協定に留まらなければ、ブラジルとはいかなる経済協定は結ばない!」


そして、メルケルさんからは


「森林破壊への大統領(ボルソナロ)の対応に憂慮」と釘をさされた。




ボルソナロ大統領はすかさず、


「彼ら(フランスやドイツ)の産業と言えば、化石燃料やプラスティック、炭素を使い続けているが、ブラジルは違う。」

と反論しています。



EUでは、環境保全を大きくアピールしていますが、、結局のところ、



これを盾にして、特に中南米からの農産品の輸入を制限し、域内農業を守りたいのでは?!


という背景もあるようなんですね。


マクロン大統領は、

「我々の生産者が農薬を使用せず、産業界が二酸化炭素を排出しないことを要請しています。これは競争力のためのコストです。だから、この取り組みに前向きでない国からは何も買いません。」


って、さすが、マクロン大統領上手に言いますね。




さっ、G20大阪では、どんな話し合いになるんでしょうか。


参照 EL PAIS

https://brasil.elpais.com/brasil/2019/06/27/politica/1561656006_263638.html