悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

カテゴリ: 北米

pastor-Kegan-Wesley

 神さまの愛で満ち溢れているケガン・ウェスレイ牧師の姿から、昔、薬物に依存し同性愛者であった過去があったことなど決して想像できない。

 彼はアメリカCBNのインタビューに応じ、過去の自分そしてそこからどう立ち直ったかを語った。

 小学生の時に参加した誕生会で性的虐待を受けました。私は何をしていいのか、どこへいけばいいのかもわからず、ひたすらこの事実を忘れるために、同性愛に引き寄せられ、そして薬物への依存が始まりました。また神様のことも無神論者に近い考えを持っていました。

そんなある日、テレビで見たキリスト教宣教番組が衝撃的で、思わず教会の講壇の前で何を言えばいいのかも分かりませんでしたが、「私の心に入って下さい」とイエス様に祈りました。その瞬間、神様の愛で心が満たされ、床にくずれ落ち涙が溢れました。このような生れて初めての経験を通して、イエス様は私を大きく変えてくれました。

 彼の歩みは180度と言ってよいほどの変化を遂げ、福音を宣べ伝えるために世界各地への旅が始まった。今でも、過去の傷に苦しみ、同性愛へ戻りたい欲求にも駆られるが神さまの助けによって克服出来ていると話す。


 池上さんには説明出来ないイスラム教とキリスト教に違いでも書きましたが、キリスト教の神様は、今も生きておられ助けて下さる方なんです。なぜ英語では宗教のことを、RELIGIONという関係を意味するRELATIONと同じ語源の単語で表現するかというと、このように神さまと絆を持つことが出来るからなんです。

関連記事:【イギリス】効果的な薬物依存対策とは?

翻訳&画像:Gnotícias ブラジル
http://noticias.gospelmais.com.br/jesus-mudou-pastor-homossexualidade-drogas-81437.html



Zika gera problema teológico para Igreja Católica


 ブラジルのマルセロ・カストロ保健大臣は現地時間11日木曜日、ジカウイルスのワクチン開発のための初めての国際的な協定を締結したと発表した。

 協定によると、ブラジル政府とアメリカ・テキサス大学医療部門が共同で行い、向こう5年間で総額190万ドルをブラジル政府が提供することになった。またカストロ大臣は、ブラジル保健省、ブラジル・パライバ州政府、アメリカ疾病予防コントロールセンター(CDC)がパートナーとして、ジカ熱と小頭症の関連性について、その要因を調査していくことを合わせて発表した。

 
 ブラジル・エバンドロ・シャガス財団のペドロ・ヴァスコンセロス研究員は、一年以内にはアメリカ・テキサス州ガルベストン市でマウスを使った臨床前実験を実現し、同時にブラジル・ベレン市ではサルによる実験を行い、早ければ2年目に臨床実験にこぎつけ、ワクチン開発を終了させたいと話す。

引用:Agência Fiocruz de Notícias ブラジル
https://agencia.fiocruz.br/brasil-e-eua-firmam-acordo-para-vacina-contra-virus-zika

 

dilma-rousseff

 1月27日の国際ホロコースト記念日である。1945年1月27日、ソ連軍によってアウシュビッツ強制収容所が解放されたことを記念して国連によって2005年に制定された。その日ブラジル外務省が公表した文章には、ユダヤ人について言及されていなかった。

 ブラジル有力雑誌VEJAによると、外務省は記念日に合わせ、

人権の擁護と、あらゆる人種差別の撤廃という揺るがない約束を改めて確認する。。二度とあのような悲劇を繰り返してはならない。

 と発表した。。昨年ブラジル政府はエルサレムはイスラエルの首都ではないとするドキュメントを公表し現在イスラエルにはブラジル大使がいない。 そして、ルセフ政権はイランの最高指導者ハメネイ師を支持する唯一のアメリカ諸国である。イランは長年、ユダヤ人ホロコーストがあったことを認めていない。ユダヤ人の文言が入っていないことへの憶測がにわかに上がっている。

  因みにアメリカ・オバマ大統領は27日、ワシントンにあるイスラエル大使館で次のように宣言した。
 ユダヤ人が迫害の対象になれば、我々全てが「ユダヤ人」としてあらゆることをします。そしてアメリカは反ユダヤ主義との戦いをリードしていきます。
 そして日本政府はなんと、何も発表していない。
  

引用&画像 GOSPEL PRIMEブラジル 
 https://noticias.gospelprime.com.br/itamaraty-lamenta-holocausto-ignora-judeus/
 エルサレムポスト
 http://www.jpost.com/Israel-News/Politics-And-Diplomacy/WATCH-LIVE-Obama-speaks-at-Israel-embassy-on-Holocaust-Remembrance-Day-443002


Seita alia estudo da Bíblia com o cultivo da maconha


 アメリカ・カリフォルニア州マーセド市にある 「A Sister of the Valley」という団体ではマリファナを栽培し、ホメオパシーと呼ばれる自然治癒力を活かした治療のための薬や、サプリメントを医療用マリファナとして販売している。通販サイトもある。

 カトリックの修道女のような出で立ちで、毎日聖書を読みマリファナを栽培しながら隠遁生活を送っているもののカトリックをはじめどの既存の宗派にも属しておらず、キリスト教や先住民族のシャーマニズムの要素を取り入れている。。そして彼女たちは、マリファナは聖なる植物だとしている。

 今年に入ってマセード市では医療用マリファナの栽培と販売を禁止する法案が可決されたことがきっかけで、この団体がにわかに注目を集めている。

私達は、収入の中から多くの税金を納めています。1990年代末以降、合法的なビジネスとして販売してきました。

 修道女達はこの法律の撤回を求めキャンペーンを開始し、多くの支持を集めている。彼女達にとって医療用マリファナ販売は慈善事業である。マリファナに含まれるカンナビジオール(CBD)という成分の抗ガン作用も報告されている。

引用&画像 GOSPEL PRIME ブラジル
https://noticias.gospelprime.com.br/seita-estudo-biblia-cultivo-maconha/

world-gold-2-1552594-640x480


アメリカテキサスで現地時間2日、セックスによって感染した患者が1人見つかったことがわかった。

Dallas County Health and Human servicesによると、ベネスエラに渡航したジカ熱患者と性交渉を持った後で感染したとみられるという。この人には渡航歴がないという。

しかし、ダラス保健当局によると1人の症例だけでは、性交渉との関連を認められる段階ではないとしている。

引用:Deutsche Welle ドイツ
 http://www.dw.com/en/us-reports-zika-infection-through-sex/a-19021407

↑このページのトップヘ