悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

カテゴリ: 北米

religiao

 最近多くなっている宗教をより知りたいという要望や、宗教間の争いを減らすためのアプローチとして、ハーバード大でインターネットを利用した無料の宗教講座が開講します。「宗教的リテラシー、伝統と教典」「キリスト教」「仏教」「イスラム教」「ヒンズー教」「ユダヤ教」の6つのコースが用意され、期間はそれぞれ4週間になります。講師はハーバード神学校の宗教リテラシープロジェクトのディレクター、ディアニ・ムーア氏他5人の講師が担当します。

 ディアニ・ムーア氏は、多様性に満ちた各宗教の伝統、たゆまぬ進化、そして宗教が人々の生活に与える多くの役割の理解に繋がればと述べています。

詳細はこちら
https://www.edx.org/xseries/world-religions-through-scriptures#courses

 ここで、「ハーバード神学校」となっているところに違和感を感じておられる方もいるかもしれません。ハーバード大学は元々キリスト教の教職者を養成する神学校でした。アメリカのアイビーリーグと呼ばれる各大学の殆どはハーバードと同じく神学校としてスタートしました。その辺のことは森本あんり教授の反知性主義:アメリカが生んだ「熱病」の正体に詳しく出ています。

 この本のタイトルを見るとアメリカの反知性的な部分を非難するための本かとも思いますが、評価しているようにも読めるし、ちょっとわかんない本ですが。反知性主義とは、キリスト教福音派のことを指しています。反知性的なんですが、これがアメリカの良くも悪くも特徴で、アメリカらしさの根源みたいなものです。良い面も確かにあるんですね。教授も何が何だか分からなくなったのかなあと感じられる部分もあって面白かったです。今、トランプ候補が注目されていますが、いやいやアメリカの歴代大統領はもうハチャメチャな人が結構いたこともよくわかりました。

引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/harvard-curso-on-line-gratuito-religiao/
  

usa-806576_640


 法王フランシスコからのトランプ候補への「クリスチャンではない」発言による反応は、どちらかというと、法王への批判が多いようです。


メキシコ国境への城壁は非難するのに、なぜ法王は城壁に囲まれたバチカンに住んでいるのだろう。

 トランプ候補のソーシャルメデイア担当:ダン・スカビオ氏はこのようにツイートし、
また昨年、法王がアメリカを訪れた際、中東からの難民受け入れを要請
したにも関わらず、ヴァチカンは彼らに対して何も財政支援をしておらず、しかもシリアとエリトリアの2家族を一時的に受け入れているだけだ。との論調も見られます。

 これも法王は織り込み済みだと個人的には考えています。日本では法王は宗教的な高貴なイメージが先行していると思いますが、欧米では必ずしもそうではありません。ヴァチカン市国としての国家「カトリック」として、今後のヴァチカンの動き注目していきたいと思います。

 引用:GOSPEL PRIME
 https://noticias.gospelprime.com.br/papa-francisco-diz-que-trump-nao-e-cristao/

estado-islamico

  アメリカ・ジョン・ケリー国務長官が、ハリウッドで映画会社幹部と会談したことがわかった。
ISがメンバーを勧誘するために映画を活用しているが、彼らのストーリーに対抗するためにハリウッドと協力していくことが狙いだと見られる。

 ISは広報専門部隊アル・ハヤット・メディアセンターを設け、ハリウッドと同じ技術を使い映画製作をしている。彼らは戦闘能力や組織化された支配地域を公開し、戦いのために集結した英雄を演出している。アメリカ政府はこれに対抗してISが”ならず者集団”であることを示す映画を製作し、ISとイスラム教を分断させたいものと見られる。

 ユニバーサル・スタジオには、ユニバーサルフィルム、ワーナーブラザーズ、ドリームワークス、20世紀FOX、ウォルト・ディズニー・モーションなど蒼蒼たる大手メディア幹部が集い、90分ほど会談が行われた。

 ISにはイスラエル及びアメリカの関与も一部で取りざたされ、ユダヤ人と関係の深いハリウッドの訪問は様々な憶測を呼んでいる。

引用&画像GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/eua-hollywood-combata-estado-islamico/
JIHAD WATCH
https://noticias.gospelprime.com.br/eua-hollywood-combata-estado-islamico/




usa-806576_640



ヒラリー・クリントン民主党大統領候補のキリスト信仰については、中絶や同性愛を容認していることから批判されることも多くあり、牧師の支持もわずかです。中絶問題でバプテスト教会を離れ今はメソジスト教会へ通っています。

彼女は自信の信仰について、
聖書の学びや信仰の友とのコミュニケーションを通して、力を尽くして神を愛し、自分のことのように隣人を愛するということを受入れられるようになりました。このことこそキリストが命じておられることだと思います。

と話している。また聖書のルカの福音書に出てくる放蕩息子のたとえは、人生の困難な時の大きな助けになていると告白しています。

中絶に反対の姿勢をとる人が多い福音派は全米で30%弱ですので、中絶への賛成が必ずしもマイナスにはなりません。

引用:Christian Post
http://www.christianpost.com/news/chelsea-clinton-insulting-mother-christian-faith-hillary-abortion-baptist-methodist-157418/

Candidatos a presidente disputam quem é “mais cristão”


アメリカ大統領選では伝統的にキリスト信仰が争点の一つとなります。いくつかの州では信仰が最も大きな判断材料にもなっています。

ドナルド・トランプ候補は 大統領になればキリスト信仰の代表者になりますと公言したものの、ある記者からの質問に対して、福音派(聖書を全て信じるグループ)の家庭に育ったと答えたが、今通っている教会については答えませんでした。彼はペンテコステ派牧師の支持を得ていると言われています(公式には支持を受けていない)。ペンテコステ派とは聖書を信じ聖霊の働きを重んじるグループで、奇跡や異言を重んじています。

テッドクルーズ候補は、福音派牧師の息子であって、フランクリン・グラハムなどの福音派を代表する牧師の支持を受けています。演説では他の候補がもっと信仰について発言するよう促しています。

マルコ・ルビオ候補は、カトリック信者ですが、時々福音派の教会にも通っていると発言しています。「私の信仰は、大統領としての職責だけではなく、人生全てに影響を及ぼします。」と言っています。

引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/candidatos-a-presidente-disputam-quem-e-mais-cristao/

 

↑このページのトップヘ