ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

カテゴリ: 北米

estado-islamico

  アメリカ・ジョン・ケリー国務長官が、ハリウッドで映画会社幹部と会談したことがわかった。
ISがメンバーを勧誘するために映画を活用しているが、彼らのストーリーに対抗するためにハリウッドと協力していくことが狙いだと見られる。

 ISは広報専門部隊アル・ハヤット・メディアセンターを設け、ハリウッドと同じ技術を使い映画製作をしている。彼らは戦闘能力や組織化された支配地域を公開し、戦いのために集結した英雄を演出している。アメリカ政府はこれに対抗してISが”ならず者集団”であることを示す映画を製作し、ISとイスラム教を分断させたいものと見られる。

 ユニバーサル・スタジオには、ユニバーサルフィルム、ワーナーブラザーズ、ドリームワークス、20世紀FOX、ウォルト・ディズニー・モーションなど蒼蒼たる大手メディア幹部が集い、90分ほど会談が行われた。

 ISにはイスラエル及びアメリカの関与も一部で取りざたされ、ユダヤ人と関係の深いハリウッドの訪問は様々な憶測を呼んでいる。

引用&画像GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/eua-hollywood-combata-estado-islamico/
JIHAD WATCH
https://noticias.gospelprime.com.br/eua-hollywood-combata-estado-islamico/




usa-806576_640



ヒラリー・クリントン民主党大統領候補のキリスト信仰については、中絶や同性愛を容認していることから批判されることも多くあり、牧師の支持もわずかです。中絶問題でバプテスト教会を離れ今はメソジスト教会へ通っています。

彼女は自信の信仰について、
聖書の学びや信仰の友とのコミュニケーションを通して、力を尽くして神を愛し、自分のことのように隣人を愛するということを受入れられるようになりました。このことこそキリストが命じておられることだと思います。

と話している。また聖書のルカの福音書に出てくる放蕩息子のたとえは、人生の困難な時の大きな助けになていると告白しています。

中絶に反対の姿勢をとる人が多い福音派は全米で30%弱ですので、中絶への賛成が必ずしもマイナスにはなりません。

引用:Christian Post
http://www.christianpost.com/news/chelsea-clinton-insulting-mother-christian-faith-hillary-abortion-baptist-methodist-157418/

Candidatos a presidente disputam quem é “mais cristão”


アメリカ大統領選では伝統的にキリスト信仰が争点の一つとなります。いくつかの州では信仰が最も大きな判断材料にもなっています。

ドナルド・トランプ候補は 大統領になればキリスト信仰の代表者になりますと公言したものの、ある記者からの質問に対して、福音派(聖書を全て信じるグループ)の家庭に育ったと答えたが、今通っている教会については答えませんでした。彼はペンテコステ派牧師の支持を得ていると言われています(公式には支持を受けていない)。ペンテコステ派とは聖書を信じ聖霊の働きを重んじるグループで、奇跡や異言を重んじています。

テッドクルーズ候補は、福音派牧師の息子であって、フランクリン・グラハムなどの福音派を代表する牧師の支持を受けています。演説では他の候補がもっと信仰について発言するよう促しています。

マルコ・ルビオ候補は、カトリック信者ですが、時々福音派の教会にも通っていると発言しています。「私の信仰は、大統領としての職責だけではなく、人生全てに影響を及ぼします。」と言っています。

引用:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/candidatos-a-presidente-disputam-quem-e-mais-cristao/

 

pastor-Kegan-Wesley

 神さまの愛で満ち溢れているケガン・ウェスレイ牧師の姿から、昔、薬物に依存し同性愛者であった過去があったことなど決して想像できない。

 彼はアメリカCBNのインタビューに応じ、過去の自分そしてそこからどう立ち直ったかを語った。

 小学生の時に参加した誕生会で性的虐待を受けました。私は何をしていいのか、どこへいけばいいのかもわからず、ひたすらこの事実を忘れるために、同性愛に引き寄せられ、そして薬物への依存が始まりました。また神様のことも無神論者に近い考えを持っていました。

そんなある日、テレビで見たキリスト教宣教番組が衝撃的で、思わず教会の講壇の前で何を言えばいいのかも分かりませんでしたが、「私の心に入って下さい」とイエス様に祈りました。その瞬間、神様の愛で心が満たされ、床にくずれ落ち涙が溢れました。このような生れて初めての経験を通して、イエス様は私を大きく変えてくれました。

 彼の歩みは180度と言ってよいほどの変化を遂げ、福音を宣べ伝えるために世界各地への旅が始まった。今でも、過去の傷に苦しみ、同性愛へ戻りたい欲求にも駆られるが神さまの助けによって克服出来ていると話す。


 池上さんには説明出来ないイスラム教とキリスト教に違いでも書きましたが、キリスト教の神様は、今も生きておられ助けて下さる方なんです。なぜ英語では宗教のことを、RELIGIONという関係を意味するRELATIONと同じ語源の単語で表現するかというと、このように神さまと絆を持つことが出来るからなんです。

関連記事:【イギリス】効果的な薬物依存対策とは?

翻訳&画像:Gnotícias ブラジル
http://noticias.gospelmais.com.br/jesus-mudou-pastor-homossexualidade-drogas-81437.html



Zika gera problema teológico para Igreja Católica


 ブラジルのマルセロ・カストロ保健大臣は現地時間11日木曜日、ジカウイルスのワクチン開発のための初めての国際的な協定を締結したと発表した。

 協定によると、ブラジル政府とアメリカ・テキサス大学医療部門が共同で行い、向こう5年間で総額190万ドルをブラジル政府が提供することになった。またカストロ大臣は、ブラジル保健省、ブラジル・パライバ州政府、アメリカ疾病予防コントロールセンター(CDC)がパートナーとして、ジカ熱と小頭症の関連性について、その要因を調査していくことを合わせて発表した。

 
 ブラジル・エバンドロ・シャガス財団のペドロ・ヴァスコンセロス研究員は、一年以内にはアメリカ・テキサス州ガルベストン市でマウスを使った臨床前実験を実現し、同時にブラジル・ベレン市ではサルによる実験を行い、早ければ2年目に臨床実験にこぎつけ、ワクチン開発を終了させたいと話す。

引用:Agência Fiocruz de Notícias ブラジル
https://agencia.fiocruz.br/brasil-e-eua-firmam-acordo-para-vacina-contra-virus-zika

 

↑このページのトップヘ