われわれ人間はAIに対して如何に差別化していくか?が今問われています。

聖書にこんな言葉があります。

たとい私に、異言(今まで知らなかったことば)で話す才能があり、

また、天と地のあらゆることばを話すことができても、

人を愛していなければ、ただの騒音にすぎません。 

同様に、預言をする才能があり、将来の出来事を予知し、

あらゆることに通じていても、人を愛さないなら、何の役に立つでしょう。 


また、山を動かすほどの強い信仰を持っていても、


愛がないなら、私には何の値打もないのです。 
Ⅰ コリント13:1~2


能力的な価値はAIに取って変わるのは時間の問題でしょう。


そこで、人間に求められるものは、


ずばり、人間性


なのではないでしょうか。愛による差別化の時代に突入するのではないでしょうか?


人間への関心、そして宗教への関心が益々高まっていくでしょう。



しかし、


人間性を高めるのは、学力を高めるよりも


はるかに難しい。

一体どうすればいいでしょうか?


聖書は言います。


義人は一人もいない。


愛のある人なんていない。ということです。


だから、


愛する皆さん。 そういうわけですから、あなたがたにお願いします。 

自分の体を神様にささげてください。 

それを、神様に喜んでいただける、生きた、きよい供え物としてください。 


神様がしてくださったことを思えば、これは、決してむりな注文ではないはずです。 


世間の人々の生活態度や習慣をまねてはいけません。 

むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となりなさい。 


そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになります。
ローマ人へ 12:1~2


自分の体を神様にささげてください。


とは、人間には本当に意味のあることは出来ないのだから、

神様に任せなさいということです。


そして、

むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となりなさい。 


とは、自分で努力するのを辞めなさい。

ということです。


神様に任せたのだから、自分で頑張る必要がなくなるからです。


聖書には、

あなたの道を主に委ねよ。主が成し遂げて下さる。


神様に人生を任せるとき、神様があなたを通して結果を出して下さる。あなたを愛のある人につくりかえ、結果までプレゼントしてくださる。

んですね。



楽勝過ぎますね😃