ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

カテゴリ: 中東

lgf01a201401100200

昨日、IS(イスラム国)を背後で操る国々と旧約聖書でアメリカとロシアの関係が中東に於いて悪化し、アメリカのプレゼンスが著しく低下しているのではないかとし、イスラエルにおいても極めて深刻な問題であるとお伝えしました。なぜ深刻な問題なのでしょうか?


従来イスラエルは親米国家でありアメリカはイスラエル存立の大きな後ろ盾としてのパートナーです。一方ロシアとの関係はどうなのでしょうか?

イスラエルの人口800万人のうち新移民と言われる100万人は1980年代末以降、旧ソ連から移民してきた人なんです。ですから、ロシア語をしゃべるんですよ。ロシア文化を維持しています。そしてイスラエルのIT産業は、この人たちが中心になってやっているんです。(略)この人たちは、今でもロシアと緊密な関係を保っているので、制裁などということになったら、この100万人のロシア系ユダヤ人たちが「なにやっているんだっ」という騒ぎになるわけです。(佐藤優「インテリジェンスの教室」現代ビジネスより引用) 


つまり、ロシアとの関係が悪化しても今度は国内が不安定になってしまい、民主主義国家であるイスラエルでは政権運営にも影響が出てしまう。まさにジレンマに陥ってしまう訳です。ロシアは当然イスラエルの不安定化をも視野に入れて自国の存在感をしたたかに増してきているようです。

画像著作者:
Thomas Leuthard

 

eO4krJS2BM
シリア国内ロシア空爆地域にシリア空軍によって上空より撒かれたチラシ 

「一刻も早く逃げてください。このチラシを持っている人には、必要な救援物資も支給する。」とアラビア語で書かれたこのチラシには明白にアメリカとイスラエルがISの背後にいることを示唆する画像も添付されており、欧米メディアの注目をにわかに集めている。そしてシリアのイスラエルに対する憎悪が想像以上に大きいことが容易に推測出来る内容でもある。また、ロシアの支援を受けるシリア空軍によって撒かれており、ロシアが該当地域に居るISや反政府勢力の戦意喪失を狙ったものではないかとの見方もある。

シリア・イラク国境にはシリア政府軍を支援するためにイラン軍も集結しており、アメリカのプレゼンスは確実に落ちていると専門家は指摘している。イスラエルにとっては極めて深刻な状況であることは間違いない。

そしてこの状況は旧約聖書エゼキエル書37~39章で描かれている、北の果てから来るとされているゴグ(ロシア)とペルシャが同盟を結びイスラエルに侵攻するという預言の始まりではないかと指摘している旧約聖書研究者もいる。

画像及び引用:
GOSPEL PRIME (ブラジル)
 http://noticias.gospelprime.com.br/siria-israel-eua-estado-islamico/
 http://noticias.gospelprime.com.br/alianca-militar-russia-ira-profecias/

参照:デイリーメール(イギリス)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3261603/Don-t-make-worse-Helicopters-drop-leaflets-ISIS-rebel-fighters-warning-ahead-huge-Russian-backed-ground-offensive.html
 

[フリー画像素材] 戦争, 軍用機, 戦闘機, スホーイ Su-35, ロシア軍 ID:201112240000



NHKでは、ロシアの空爆がISではなかった可能性を報じていますが、
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151001/k10010254181000.html

ryuubufanのジオログさんが指摘しているように、ロシアのシリア空爆に関して、海外では日本と異なるメッセージが報じられている。

我々はこのような欧米メデイアの攻撃を想定している。今回の空爆による犠牲者が民間人であったというニュースは我々の空爆開始以前に報じられている。(プーチン大統領)
とモザンビークのニュースサイトNOTÍCIAS ONLINEは「プーチン大統領:シリアでの戦争は情報戦争である」との見出しで報じている。

引用:NOTÍCIAS ONLINE(モザンビーク)
http://www.jornalnoticias.co.mz/index.php/internacional/44108-guerra-na-siria-putin-denuncia-guerra-de-informacao
画像:Oleg Belyakov CREATIVE COMMONS

Estado Islâmico tem material radioativo para produzir bomba

 ここ数カ月GloboやRecordoなどのブラジル大手メディアでもIS(Islamic state)の核保有については、しばしば報じられている。今年6月のキリスト教系ニュースサイトGOSPELPRIME(ブラジル)は、

 今年6月のオーストラリア外務大臣の報告によると、ISが現地の病院などから押収した物品は、元々政府などの公的機関に払い下げられたりしたものが多いという。またインドでは、テロリストがパキスタンより核兵器や化学兵器などを取得してる可能性があるとして警戒態勢に入っている。
 としている。
 
 また今月1日(ブラジル現地時間)付けのブラジル大手ニュースサイト「R7 NOTÍCIAS」は、ISが数百万人規模の殺害を想定した核攻撃(核ホロコースト)を計画していると報じている。

引用:GOSPELPRIME(ブラジル)
 http://noticias.gospelprime.com.br/estado-islamico-bomba-radioativa/

参照: R7 NOTÍCIAS
 http://noticias.r7.com/internacional/fotos/alerta-vermelho-estado-islamico-estaria-planejando-matar-milhoes-em-holocausto-nuclear-01102015#!/foto/1

↑このページのトップヘ