ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

カテゴリ: ブラジル

CASOS-E-CAUSOS-COM-THIAGO-MATSO

「神様って実はおもろいねん」
こんな関西弁チックな訳がぴったり似合うキリスト教サイト「PROFETIRANDO」(ぷろふぇちらんど)の紹介です。
PROFETIRANDO というブラジルには存在しない言葉を名前にしているところもおちゃらけています!!

「面白可笑しく仕事をした方が結果が出るなんてことあるやろ!!」とサイトプロフィールでの一言。

聖書のことやクリスチャンにまつわることをコメディタッチで表現していくことにこだわっている恐らく世界にひとつのサイトです。フェイスブックのフォロアー6万4000人ってスゴイと思います。。因みに吉本新喜劇ファンページは490人、、半沢直樹(6万5000人)やテレビ東京のカンブリア宮殿(6万3000人)のページに匹敵する数ですからね~。

面白そうな投稿を沢山しながら、Tシャツやマグカップも販売しています。。おいおい紹介していきたいと思います。。

「PROFETIRANDO」
http://profetirando.com.br/


EU_ESCOLHI_ESPERAR
ブラジルと言えば、リオのカーニバルが有名ですよね
でも実は華やかな部分だけではなく、カーニバルには一つの社会問題の原因としての負の側面もあります。 
ブラジルでは12月に生まれる赤ちゃんが一番多いと言われていますが、これは2月に行われるカーニバルが大きな要因であると言われています。そこには望まない妊娠や私生児の発生などの問題も起こっているのです。

ここ数年ブラジルではキリスト教プロテスタント福音派と言われる人々が急激に増え、その割合はなんと総人口の25%前後にまで伸びてきていると言われています。そして 聖書の教えに忠実な福音派の人々の間で、「 EU ESCOLHI ESPERAR」(私は待ちます。)という性交渉は結婚まで待ちましょうというムーブメントが始まっています。既にフェイスブックでは280万人弱、ツイッターでも57万人余り、インスタグラムでも100万人弱のフォロワーがいるほど、特に若者の間に浸透してきています。

ブラジルポルトガル語の中には、性交渉、セックスを表わす言葉が70以上もあります。日本語では約15ほどですので、その数の多さからも、元来貞操観念が薄い国民性であったことが分かるかと思いますが、ここ数年、ブラジル社会に大きな変化が起きつつあります。

旧約聖書出エジプト記に記されているモーセの十戒の中に「姦淫してはいけない」という戒めがあり、これは配偶者以外との交渉が戒められているという解釈が一般的です。 

EU ESCOLHI ESPERAR
 http://euescolhiesperar.com/

Estado Islâmico tem material radioativo para produzir bomba

 ここ数カ月GloboやRecordoなどのブラジル大手メディアでもIS(Islamic state)の核保有については、しばしば報じられている。今年6月のキリスト教系ニュースサイトGOSPELPRIME(ブラジル)は、

 今年6月のオーストラリア外務大臣の報告によると、ISが現地の病院などから押収した物品は、元々政府などの公的機関に払い下げられたりしたものが多いという。またインドでは、テロリストがパキスタンより核兵器や化学兵器などを取得してる可能性があるとして警戒態勢に入っている。
 としている。
 
 また今月1日(ブラジル現地時間)付けのブラジル大手ニュースサイト「R7 NOTÍCIAS」は、ISが数百万人規模の殺害を想定した核攻撃(核ホロコースト)を計画していると報じている。

引用:GOSPELPRIME(ブラジル)
 http://noticias.gospelprime.com.br/estado-islamico-bomba-radioativa/

参照: R7 NOTÍCIAS
 http://noticias.r7.com/internacional/fotos/alerta-vermelho-estado-islamico-estaria-planejando-matar-milhoes-em-holocausto-nuclear-01102015#!/foto/1

↑このページのトップヘ