悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

カテゴリ: ブラジル除く中南米

world-gold-2-1552594-640x480


 アルゼンチンで今週2日火曜日、国立マスメディア協会がキルチネル前大統領政権下で出されたメディアの分割案を却下すると発表した。キルチネル前大統領時代、政権に批判的なメディアに対して様々な方法で圧力をかけたり社会的制裁を加え、政権とマスコミの事実上の「戦争」状態が続いてきた。

 またベネズエラでは昨年12月、国家社会主義政権として君臨したチャべス前大統領の後継として政権の座に就いたマドゥロ大統領率いる統一社会党を中心とする与党勢力が、野党勢力民主統一会議に2倍の差をつけられ惨敗した。
 
 日本では、とかく右派が独裁色が強く、左派はリベラルで民主的というイメージがあるけど、主義というかイデオロギーはあまり関係ないみたいです。だって、ソビエト時代の共産党も勿論左派なんだけど、独裁的でしたよね。。左派というのは、まあ社会主義的な考えを持つということだけど、社会主義で大事なのは平等です。。なんの平等かと言えば、経済的な平等なんですよね。。貧富の差がなくなれば人間は幸せになれるということです。。
そう、みんなが、物質的に満たされれば幸せになれる。。ということでよね。。物質主義なんです。。

 ところで、右派というのは、まず個人の自由であったり権利が大事だと。。だから規制なんかなくして自由にやりましょう。それこそが幸せの秘訣だと考えるグループです。。だから精神主義。。

 アルゼンチンやベネズエラで起こっていることはだからすごくわかりやすい。。国家社会主義でがんじがらめにされていたところに、右派が規制をやめようとしている。でも右派を自認しておられる安倍総理は経済政策が大事だとおっしゃってますからどちらかというと左派的なんですよ。。

 特に日本の場合は政治家の方々は、時には自由といったり時には経済といったり、右派とか左派なんていう見方は意味がないんですよね。。もう左とか右って説明できない状態になってます。。でも別にこれ悪い事なんじゃないと思いますよ。。だって、経済的にもそこそこ満たされたいし、自由も両方欲しいですからね。。。。。怖いのは極端なこと。。左派でも右派でもその主義を貫こうとすると、そこに戦いがおこっちゃうんです。。国家主義になってしまうんです。。

 てきとーがいいんじゃないですか??









引用:GLOBO.COM ブラジル
http://oglobo.globo.com/mundo/argentina-arquiva-medidas-contra-empresas-de-comunicacao-18595691

産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/151207/wor1512070030-n1.html

Uz0vZcwfXZ


 今年4月までの世論調査では最下位で泡沫候補と見られていたコメディアンのジミー・モラレス氏は1回目の投票で第2位となり、元大統領夫人のサンドラ・トーレス氏との決選投票では68.5%という記録的な得票率を達成し、当選を決めた。

 彼のモットーは単純明快だった。「汚職無し、強盗無し」。46歳でバプテスト教会に所属している福音派クリスチャンで神学校も卒業しているモラレス氏は、
私の約束は神、そしてグアテマラ国民と共にある。
と、キリスト教への信仰心も強調した。グアテマラでは、モリーナ前大統領や副大統領、そして高級官僚による関税詐欺事件が発覚し、過去に例のない大規模なデモも発生していた。
 
 死刑賛成、中絶や同性婚、麻薬合法化に反対の立場の保守的な政策を掲げる。政治経験の全くない新大統領が国民に渦巻く政治不信の回復に挑戦する。前途は多難だ。福音派クリスチャンを表明する国家指導者は、イギリスのキャメロン首相がいる。またドイツ・メルケル首相やザンビア・ルング大統領もキリスト教色の強い発言や政策を掲げ、話題になっている。<記事(メルケル首相)><記事(ルング大統領)

画像及び引用:
GOSPEL PRIME (ブラジル)
http://noticias.gospelprime.com.br/jimmy-morales-acabar-corrupcao-guatemala/ 



↑このページのトップヘ