ぺかどおる(もと簡潔!ラテン新聞)

地球の裏側にあるブラジルから見た世界は一体どうなのか。ブラジルニュースサイトGOSPEL PRIMEの協力により翻訳記事を提供出来ることになったことがキッカケでブログ始めました。 私はポルトガル語を勉強するクリスチャンですので、ブラジルとキリスト教を通して国際政治、経済、社会を見ていきます。そして合わせて展開するポルトガル語サイトを通してわかった海外アフィリエイトのやり方もお知らせしていきます。

カテゴリ: ブラジル除く中南米

world-gold-2-1552594-640x480


1月に【ブラジル治安】大都市よりも地方のほうが危ない。 2015年世界で最も危険な都市ランキングが発表された。ブラジルがトップ50に21都市もランクインしていることをお伝えしました。その21都市中最も高い順位だったのはフォルタレーザで10万人当たりの殺人事件発生件数は60.77件。世界順位は12位でした。そして世界第一位はと言うとベネズエラの首都カラカスでなんと119.8件。これがどのくらいすごい数字かというと、日本で最も殺人発生件数が高かった(2011年)高知県で1.57件ですから、優に日本の100倍以上の人が殺されていることになります。

 ベネズエラと言えばチャべス前大統領の下、国家社会主義体制 を敷き医療費無料などによって福祉が充実しているイメージがあったので、この結果は以外でした。ブラジルにしてもルーラ前大統領時代から続くボウサ・ファミリアという生活扶助制度によって貧困層は減少したと言われていますが、このような結果になってます。

 ベネズエラの治安についてベネズエラ在住のNoda Kanako さんは、麻薬が原因だとしています。ベネズエラ隣国のコロンビアの麻薬組織とコロンビア革命軍(FARC)が繋がっていて、コロンビアでは深刻な麻薬汚染が進行していましたが、コロンビア国防省がFARCの司令官を殺害するなどしたことによって、FARCの勢力は衰えました。このような状況の中、以前より関係のあったチャベス前大統領と手を結び、次第に麻薬がベネズエラに蔓延するようになったようです。 

宮崎大輔さんのブログに、カラカス市内でのひったくり事件について生々しく書かれていますが、なんとなくこの犯人は麻薬常習者の匂いがします。。

そして確かに医療費は無料ですが、薬も包帯もベッドも不足しているんだそうです。まだまだ他にもありそうですが、今日はこのあたりにしておきます。。

 

Católicos queimam templo evangélico em meio a visita do papa


  現地時間15日早朝、メキシコ南部のチアパス州ジナカンタン市にあるFuente de Fe,Alabanza y Poder教会が一部のカトリック教徒によって放火され、教会は全焼しました。放火された教会はプロテスタントの福音派の教会です。
 メキシコでは最近福音派の教会に対する迫害はこれだけにとどまらず、ジャリスコ州では、大人18人、子供10人が福音派としての信仰を否定することを拒んだとして、町から追い出される事件も報告されています。

 宗教による対立は、周知の通り中東では大きな問題になっていることからも分かる通り、キリスト教、イスラム教いずれに於いても発生しています。歴史を遡れば仏教徒の間でも迫害がありました。視点を変えれば、キリスト教だからとか、イスラム教だから、仏教が悪いと言う問題ではないということではないでしょうか。対立は勿論宗教に留まらず、国家間にも発生します。問題の本質は人間そのものにあるのではないでしょうか。キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒、ヒンズー教徒に関わらず、肉親が殺されれば悲しむ。不条理に遭遇すれば憤る。

争いを宗教や国家のせいにするのはおかしいと思うのですがいかがでしょうか?人間は自分勝手に正当化をします。勿論私を含めて。それこそが問題の本質のような気がします。やはり性悪説って大事ですよ。

引用&画像:GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/catolicos-queimam-igreja-evangelica-mexico/
引用:EVANGELICAL FOCUS
http://evangelicalfocus.com/world/1370/AEvangelical_church_burnt_in_Chiapas_before_Pope_Francis_visit

 

world-gold-2-1552594-640x480


 アルゼンチンで今週2日火曜日、国立マスメディア協会がキルチネル前大統領政権下で出されたメディアの分割案を却下すると発表した。キルチネル前大統領時代、政権に批判的なメディアに対して様々な方法で圧力をかけたり社会的制裁を加え、政権とマスコミの事実上の「戦争」状態が続いてきた。

 またベネズエラでは昨年12月、国家社会主義政権として君臨したチャべス前大統領の後継として政権の座に就いたマドゥロ大統領率いる統一社会党を中心とする与党勢力が、野党勢力民主統一会議に2倍の差をつけられ惨敗した。
 
 日本では、とかく右派が独裁色が強く、左派はリベラルで民主的というイメージがあるけど、主義というかイデオロギーはあまり関係ないみたいです。だって、ソビエト時代の共産党も勿論左派なんだけど、独裁的でしたよね。。左派というのは、まあ社会主義的な考えを持つということだけど、社会主義で大事なのは平等です。。なんの平等かと言えば、経済的な平等なんですよね。。貧富の差がなくなれば人間は幸せになれるということです。。
そう、みんなが、物質的に満たされれば幸せになれる。。ということでよね。。物質主義なんです。。

 ところで、右派というのは、まず個人の自由であったり権利が大事だと。。だから規制なんかなくして自由にやりましょう。それこそが幸せの秘訣だと考えるグループです。。だから精神主義。。

 アルゼンチンやベネズエラで起こっていることはだからすごくわかりやすい。。国家社会主義でがんじがらめにされていたところに、右派が規制をやめようとしている。でも右派を自認しておられる安倍総理は経済政策が大事だとおっしゃってますからどちらかというと左派的なんですよ。。

 特に日本の場合は政治家の方々は、時には自由といったり時には経済といったり、右派とか左派なんていう見方は意味がないんですよね。。もう左とか右って説明できない状態になってます。。でも別にこれ悪い事なんじゃないと思いますよ。。だって、経済的にもそこそこ満たされたいし、自由も両方欲しいですからね。。。。。怖いのは極端なこと。。左派でも右派でもその主義を貫こうとすると、そこに戦いがおこっちゃうんです。。国家主義になってしまうんです。。

 てきとーがいいんじゃないですか??









引用:GLOBO.COM ブラジル
http://oglobo.globo.com/mundo/argentina-arquiva-medidas-contra-empresas-de-comunicacao-18595691

産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/151207/wor1512070030-n1.html

Uz0vZcwfXZ


 今年4月までの世論調査では最下位で泡沫候補と見られていたコメディアンのジミー・モラレス氏は1回目の投票で第2位となり、元大統領夫人のサンドラ・トーレス氏との決選投票では68.5%という記録的な得票率を達成し、当選を決めた。

 彼のモットーは単純明快だった。「汚職無し、強盗無し」。46歳でバプテスト教会に所属している福音派クリスチャンで神学校も卒業しているモラレス氏は、
私の約束は神、そしてグアテマラ国民と共にある。
と、キリスト教への信仰心も強調した。グアテマラでは、モリーナ前大統領や副大統領、そして高級官僚による関税詐欺事件が発覚し、過去に例のない大規模なデモも発生していた。
 
 死刑賛成、中絶や同性婚、麻薬合法化に反対の立場の保守的な政策を掲げる。政治経験の全くない新大統領が国民に渦巻く政治不信の回復に挑戦する。前途は多難だ。福音派クリスチャンを表明する国家指導者は、イギリスのキャメロン首相がいる。またドイツ・メルケル首相やザンビア・ルング大統領もキリスト教色の強い発言や政策を掲げ、話題になっている。<記事(メルケル首相)><記事(ルング大統領)

画像及び引用:
GOSPEL PRIME (ブラジル)
http://noticias.gospelprime.com.br/jimmy-morales-acabar-corrupcao-guatemala/ 



↑このページのトップヘ