カテゴリ: ブラジル除く中南米

53577828-



ちょっと美しい、南米の浜辺の写真でひと息。。


したところで、



アメリカのポンペオ国務長官が、 今日(7月19日2019年)から中南米を歴訪します。




前から気になってたんですが、この「ポンペいお」というおなまえ。。


イタリア系なんですね。やっぱりなあ


だって、ブラジル人にも多いんですよね。この名前。



ブラジルは世界でも有数なイタリア系移民の多い国。


特にイタリア系が多いサンパウロのピザはホンマに美味いですよ!



このまえ、ガイドをやった時も、お客さんは、アメリカのピザはまずいけど、


サンパウロのピザは生地が薄くてカリッとしてて最高っておっしゃてましたね!


さあて、ポンペオさんの話でしたね。彼が中南米を歴訪するって。

中南米の人口は、6.3億人、アメリカとカナダの人口を足すとだいたい3億7千万、そうすると南北アメリカで10億人です。覚えといてください。


中国は、14億人です。そして中国は香港を見てわかるように政治的にやっぱり不安定。



そして、経済問題でも叩かれている。


もひかして、、分裂でもしたら、中国の14億人はすぐに減ってしまうことに。



ところで、中南米も一枚岩ではありません。



親ベネズエラと反ベネズエラ(いわゆるリマグループ)に分かれています。



でも、今回ポンペオさんが行く国は、親ベネズエラの国が2カ国も入ってます。




エルサルバドルとエクアドルです。エルサルバドルは最近大統領がブケレという人に変わったばかり。



そしてエルサルバドルのモレノ大統領に変わって方針転換をしています。



そして、リマグループの中で唯一の左派政権であるメキシコにも行きます。



メキシコは最近、アメリカとの関税の問題でひと段落したばかり。



お仲間づくりに行くんでしょうね。



因みにブラジルには行きません。ってブラジルの大手メディアは報じてますけど、ことさらに



そのことを悲観してませんね。もうすでに仲がいいんだから、わざわざ来なくてもね。みたいな感じです。




アメリカは南北で一体感が生まれつつありますね。そしたら10億人の巨大市場に。。



英語、スペイン語、ポルトガル語面白そう!!って都合よく解釈しときましょう。




参照 Veja 

https://veja.abril.com.br/mundo/mike-pompeo-inicia-viagem-a-america-latina-brasil-nao-esta-na-agenda/







 

beach-brazil-1409939


ブラジル・アルゼンチン、メキシコとの関係強化で一致 

日経新聞が伝えたところによると、



トランプ米大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉方針を示したことを受け、メキシコを取り込み中南米域内の市場統合に意欲を示した。

 

ということです。


そして、ブラジルニュースメディア「ÚLTIMO SEGUNDO」によると、


ラテン・アメリカ諸国はEUとの経済的関係の強化にも積極的に取り組んでいるみたいですね。


現在、ブラジルもアルゼンチンも中道右派が政権を担当しており、自由貿易へかなり前向きなんだそうです。



ブラジルはTPPからのアメリカ離脱によって、



鶏肉などの農産物輸出への悪影響がなくなったと言われていたりもしますし、、



ブラジルの2016年12月のGDPは同年11月に比べて2.3%上昇していますよ。。




因みに日本の10~12月期は前期比0.3%(予測値、今月13日1次速報公表)だそうですから、ブラジルのほうがよさそうですね。



世界の枠組みが大きく変わっていくような気がしますけど、どう思います?


まだ、推測に過ぎないのですが、、


個人的には、ラテンアメリカは大きく伸びると思うんですよね。


その理由については明日、投稿させて頂きます。。


ちゃお!!!



引用:
BRASIL ECONÔMICO
http://economia.ig.com.br/2017-02-07/producao-industrial.html

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
http://www.murc.jp/thinktank/economy/forecast/gdp/gdp_est_1701














 


 プエルトリコは中米カリブ海にある島々で構成されるアメリカの自治連邦区で、自治は認められていますが外交や国防はアメリカが担っています。まさにアメリカ本土の目と鼻の先にあるといっても過言ではないこの地域で、ジカ熱の拡大が始まっています。続きはこちらから↓無料です。

このところ、ブラジルでのジカ熱関連ニュースは少なくなってきていますが、お隣コロンビアでの状況が報道されていました。

コロンビア国立健康研究所によると、コロンビアでのジカ熱感染者は55,724人となり、そのうち妊娠中に感染した女性は10,319人となっています。続きは↓こちらから↓
 

abdullah-omar

 ウルグアイの首都モンテビデオから380㎞程のパイサンドゥ市で3月8日(火)、ユダヤ人ビジネスマンのデビッド・フレムドさん55歳が、路上で背中を10ヶ所刃物で刺され、死亡しました。犯人はその場で現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは、 市の教育局職員カルロス・オマル・ペラウタ・ロペス容疑者35歳で、過去に犯罪歴もあり、10年ほど前にイスラム教に改宗し、アブドラ・オマルと改名しています。カルロス容疑者は、「アラーの御心によりユダヤ人を殺した」と供述しています。しかし、ウルグアイ司法当局は、カルロス容疑者が精神不安定な状態であるとして、テロとは関係のない事件と判断しています。

 しかし、現地メディア・インフォバエは、カルロス容疑者のフェイスブックで、IS兵士の画像をコピーしたり、ハマス関係者とコンタクトを取った形跡を確認しています。

 2015年11月、ISによる動画で全世界の支持者に対して独自に実行する、ローンウルフと呼ばれるテロを呼びかけています。またブラジルでは昨年イスラム過激派メンバーの入国も確認されており、警戒感が強まっています。

引用&画像 GOSPEL PRIME
https://noticias.gospelprime.com.br/jihadista-realiza-primeiro-ataque-america-do-sul/

 

↑このページのトップヘ