スペイン出身の北朝鮮対外文化連絡委員会代表 アレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏



彼は、欧米ではおそらく結構有名なんだと思いますね。



先日の電撃的な米朝首脳会談について、彼は、チャンネル4というイギリスのニュースサイトのインタビューに早速答えています。


そして、彼は、「DEMOCRATIC PEOPLE'S REPUBLIC OF KOREA」という英語サイトを運営しています。

そして、チリ版、アメリカ版、イタリア版など9か国、そしてスペイン版としては、バスク版とヴァレンシア版の2つのサイトまで作り、きめ細かく北朝鮮情報を伝えています。

最新記事では、最近の日本のアメリカ兵器購入について、


「日本の再侵略への不変の野心を表している」


と非難しています。。