250px-Claude_Monet_-_Le_Bassin_des_Nympheas_-_Google_Art_Project


「光の画家」として知られる印象派の巨匠クロード・モネ。



その代表作とも言われる睡蓮シリーズ。。。





そしてもうひとり光にこだわったアーティスト「ジェームズ・タレル」

光は、何か物などを媒介として知覚することが出来るものの、それ自体を認知することは難しく、


彼は何とかして、光それ自体を認識し、体験することを目指し作品作りを行いました。


瀬戸内海に浮かぶ、直島には、この二人の作品、しかもこの島にしかない作品が恒久展示されています。


南寺にある、ジェームズ・タレルの「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」は光る長方形の空洞に遭遇します。


これは、光を長方形という形に対象化させ、光を視覚的に認識することを目指したと言われます。

地中美術館にある、ジェームズ・タレルによる「オープン・フィールド」では、



上下も奥行きもはっきりしない空間のなかで、やがて光をとらえ、発見していくことで、


全身で光を体験できる工夫がなされていると言われます。


そして、白く丸い壁の中にモネの睡蓮が掲げられているスペースに行きつきます。

外から自然光を取り入れ、光による時間と共に移り変わる睡蓮の表情、そして生き生きとした自然の営みを表していると言われます。



光と言えば、、クリスチャンとしては、ピンと来ざる負えません。



「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」(ヨハネの福音書8章12節)



キリストは御自身を光と表現されました。光はキリスト教の本質です。


そして、やはりモネはカトリック、タレルはクエーカー教徒(プロテスタントのグループ)でした。


「わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイの福音書28章20節)


キリストは目には見えません。しかし、共にいるとはっきりおっしゃっています。



クリスチャンであれば、毎日与えられる日用の食事などの生活に欠かせないもの、心の平安、それらを通して、確かに共におられることを認識出来ます。


まさに光が何かに媒介してしか認識できるように。


そんな光のようなキリストを、モネやタレルは表現しているのではないか。




そんな気がしました。





来月、通訳ガイドとして、直島を訪れます。キリストを意識しながら味わいたいと思います。