ぺかどおる

「あなたが右に行くにも、あなたの耳はうしろから、『これか道だ。これに歩め』ということばを聞く。」(イザヤ書30章21節) 「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイの福音書6章33節) 私は海洋散骨事業、そして通訳ガイドを営んでおります。毎日の生活はサラリーマンのように保証されておりません。しかし私は聖書を信じています。私の人生は上の御言葉の通り、神様がきめ細かく導かれ、必要なものも備えて頂き、充実した幸せな人生であることを確信しています。このブログではそんな私の歩みも綴らせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

カテゴリ: アフリカ

lgf01a201401100200

 トルコによる、ロシア軍機撃墜のニュースに、思わず昨日の投稿がより現実味を帯びてきている感じを受けた。撃墜とは、また思いきったことをしたものである。ロシア専門家の筑波大中村逸郎教授も、食事でのどを詰まらせたとかなんとか、、TBSひるおびでコメントしていた。専門家でも予想だにしなかった急転直下の惨事なのではなかろうか。IS(イスラム国)掃討作戦で世界は一つになるかの様相を見せていた中での今回の撃墜はいろいろな意味で意義深い。

 昨日の投稿でもユダヤ教徒の最大の敵はキリスト教徒だ。イスラム教徒ではない。これはIS( イスラム国)の敵と同じだ。そして、アラブ系難民がイスラエルの孤立を招くでも書いたが、ヨーロッパをはじめ、世界各地に押し寄せる難民をイスラエルは恐れている。それは、アラブ系住民が増えることによって、将来的に世論がアラブよりに変わってしまうからだ。その意味でフランス同時多発テロによって結果的に難民流入が減少することは、イスラエルにとっては好都合だ。だからテロを首謀したとするIS( イスラム国)へのイスラエルの関与を指摘されるのである。そしてロシアは、イスラエル関与説を認識していると思われる。ロシアとイスラエルの関係については、飯山一郎さんが面白い指摘をされている。

 ロシアとトルコが加盟するNATO諸国との間にくさびを打ち込んだ形になる今回のロシア機撃墜事件は、私が信頼している飯山一郎さんも早速イスラエル関与説を投稿されておられる。そして、アフリカでのボコ・ハラムの動きも目が離せなくなくなってきている。ボコ・ハラムもISへの忠誠を表明していることから、間接的にイスラエルと繋がっている可能性は否めない。アフリカでもボコ・ハラム掃討作戦が始まる可能性が高い。イスラエル包囲網がじわじわと形成されつつある。


画像著作者:
Thomas Leuthard

fF-2vs9dbM



 深刻な経済危機にあるザンビアで今週日曜日(10/18)、エドガー・ルング大統領が、危機を脱するために神に祈り、断食する命令を出したニュースは、既に国内メディアも伝えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151019-00000045-jij_afp-bus_all

まずは宗教人口割合を見ると

人口の80%以上をクリスチャンが占め、ルング大統領自身、キリスト教をベースにした国作りを訴え、今年1月の選挙に勝利し、 大統領に就任した。


 このような宗教色の強い発言を表明するリーダーは、決して珍しくない。 【ドイツ・メルケル首相】信仰は政治決断に欠かせないの記事にも書いたが、イスラム化が進み、シリアからの難民問題に直面するヨーロッパの現状に対してドイツ・メルケル首相は、「我々ヨーロッパ人には宗教を持ち、それを実践しそして信仰する自由がある。教会に戻り、ルーツであるキリスト教精神を深く学ぼうではないか。それこそイスラム教徒への理解に繋がる。 」と発言している。日本人には理解出来ないアプローチかもしれないが、様々な国際問題が山積する現代に、世界では宗教が再びクローズアップされてきている。



 画像及び引用:

GOSPEL PRIME (ブラジル)
http://noticias.gospelprime.com.br/presidente-jejum-deus-tire-crise/
参照:バチカンラジオ
http://en.radiovaticana.va/news/2015/01/25/edgar_lungu_declared_winner_of_zambias_elections/1119899 
ザンビアレポート
http://zambiareports.com/2015/01/17/edgar-lungu-urges-church-guide-zambia/
YAHOOニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151019-00000045-jij_afp-bus_all 

[フリー画像素材] 戦争, 軍用機, 戦闘機, スホーイ Su-35, ロシア軍 ID:201112240000



NHKでは、ロシアの空爆がISではなかった可能性を報じていますが、
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151001/k10010254181000.html

ryuubufanのジオログさんが指摘しているように、ロシアのシリア空爆に関して、海外では日本と異なるメッセージが報じられている。

我々はこのような欧米メデイアの攻撃を想定している。今回の空爆による犠牲者が民間人であったというニュースは我々の空爆開始以前に報じられている。(プーチン大統領)
とモザンビークのニュースサイトNOTÍCIAS ONLINEは「プーチン大統領:シリアでの戦争は情報戦争である」との見出しで報じている。

引用:NOTÍCIAS ONLINE(モザンビーク)
http://www.jornalnoticias.co.mz/index.php/internacional/44108-guerra-na-siria-putin-denuncia-guerra-de-informacao
画像:Oleg Belyakov CREATIVE COMMONS

↑このページのトップヘ