悪と罪の狭間に

世界は辺境から変わる!

ポルトガル語メディアの情報を読んで、気づいたこと、感じたこと、オモシロそうなことをつぶやきます。。そしてクリスチャンの目線で日本国内メディアからは得られない人生を変えるメディアを目指します!!

当サイトに掲載された情報については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。

カテゴリ: ふと思いついたこと

c28f239b-s-002



また、私たちが命じたように、落ち着いた生活をすることを志し、自分の仕事に身を入れ、自分の手で働きなさい。(第一テサロニケ 4章11節)



というところですね。今日は。。すんません。最近聖書に関する投稿増えてますね。


因みに、私は聖職者ではありません。一信徒です。



なんて、えらそーに。を地で行ってます。


まっ、お許し下さい!

聖書は聖霊によって理解できるんですから!(第一ヨハネ2章27節)



だから、どうどうと語ればいいと思います!



聖霊によって理解するとは、努力や人間の知性によらないで理解できる。


ということだと思います。



だから、



聖霊によるのであれば立場は関係ない。信徒でも可能になります。




こういうところがキリスト教が好きな理由のひとつですね。ヒエラルキー構造ではないところ。




さあ、本論に戻ります。




仕事についてです。このテサロニケの御言葉はずいぶん前から知っていました。



が、、、「落ち着いた生活をすることを志し」というところに殆ど意識が向いていませんでした。


読んでいたんですけど、殆ど記憶に残っていませんでした。


「自分の仕事に身を入れ、自分の手で働きなさい。」の部分ばかりが気になってました。



この次の箇所では、


「外の人に対しても立派にふるまうことが出来、乏しいことがないようにするため」であると続きます。



働かずに貧しくなって盗みをしたりしないために働きなさいという意味でしょう。



落ち着いた生活のためにはお金は必要なんですね。当たり前ですが。



働くことは、落ち着いた生活の手段なのでしょうね。


幸せな生活のための大事な手段です。



ここでふと思ったんです。日本で、落ち着いた生活のための労働になってるのかなと。




なんか、働くことが、落ち着いた生活の妨げになっているようなニュースが後を絶ちません。



ブラック企業とか、過労死とか。パワハラ、セクハラ、etc。




これ、やはり、落ち着いた生活、けだし、幸せな生活イコールお金持ちだと考えられているからなんでしょうかね。お金持ちになることが絶対条件。




聖書は落ち着いた生活にお金は必要条件だけど、絶対条件だとは言っていないですね。




ブラック企業は、恐らく絶対条件になってますよね。お金が。


人間よりもお金が大事。



聖書は、幸せのために必要なひとつの要素だけど、すべてじゃないよ~。と言ってますよね。



そんな綺麗ごと言うてるから、儲からへんねん。クリスチャンは。。人生舐めたらあかん。



これが現実。


続きは次回。。時間のうなった。











ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりましたが、テレビとネット上でのジャニーさんへの評価の違いにびっくりします。




ジャニーさんも人間ですから、良いところもあれば、悪いところもあったのだと思います。


今回は、良いところに焦点を当てたいと思います。いずれにせよ、ジャニー氏は一大事業を成功させたわけで、ビジネスマンとしてはひとかどの人物であるのは間違いないでしょう。



彼のモットーは、「人の真似をしない」でした。



人の真似をしないとは、口では簡単に言えますが、実行するのは本当に難しいです。



特に、同調圧力の強い日本社会ではなおさらです。




彼はアメリカ出身だから出来たのでしょうか?そうかもしれません。



ただ、日本人には難しいことには間違いありません。



だから、皮肉にもジャニーズ所属のSMAPから「世界にひとつだけの花」のような曲がヒットするわけです。



みんな人と比較せず、マネをしないライフスタイルであれば、あんなヒットするわけがないです。




まず、




人の真似をしないためには、相当自分に自信がないといけないと思います。



結局、日本人は大概、、私を含めて自分に自信がありません。




だから、誰かの真似をするしかなくなります。



「わたしの目には,

あなたは高価で尊い。

わたしはあなたを愛している。」

(イザヤ43:4)



これは旧約聖書で預言者イザヤを通して語られた言葉です。「わたし」とは聖書に出てくる神様、キリストと理解しても差し支えありません。「あなた」とは人間です。すべての人間です。例外はありません。


そして、あなたを愛してる。と言っています。



キリストはこの世界のすべてを造りました。もちろんあなたも。



だから、あなたのことをあなた以上に誰よりもよく知っています。



だから、あなたがどう生きていけばいいのか、最も効果的な生き方はなんなのか、あなたが何をすれば良いのかも当然知っています。


役に立たない人は一人もいません。



だから、こんなキリストにすべてを、あなたのすべてを任せていきましょう!


ジャニーさんがクリスチャンかどうか知りません。クリスチャンなのか、でなければ相当の自信家なのか、はたまた天才なのか。


それはさておき、ジャニーさんは一人の人間として決して自分を安く見積ることなく、本当の意味において謙遜に生きたのではないかと思います。


アメリカ人の力の源泉は、元々ここにあったのではないかと勝手ながら思っています。


しかし、今アメリカの時代は終わりを迎えつつあるという見方もありますが、


アメリカでも「宗教」が信じられなくなっている人が増えていることが原因なんだと推察します。


アメリカは自由を重んじる国です。



アメリカの自由とは、元々、人は神様に導かれながら歩んでいくものなのだから、それを脅かすものから解放(自由)されていなければならない。という意味です。


脅かすもの、それは往々にして国家権力です。国家権力からの自由。だから銃を持つんです。



今までは、愛のキリストに導かれて歩むと信じている人がたくさんいたから、銃を持っていても適切に管理が出来たんです。


でも、最近は違いますよね。アメリカ社会ではキリスト教という宗教は生きていました。役に立っていました。でも最近は徐々に力を失っているようです。



宗教が日本では軽んじられているように思います。それは「宗教は役立たない」と思っているからです。


だから、宗教はうさん臭くなる。もちろん、役に立たないのであれば、実生活に役立たない宗教はいりません。



宗教に限らず、役に立たないものは廃れていくのと同じです。

宗教だって例外ではありません。



うっ、だいぶ脱線しましたね~。。


でも、わかりますよね。キリストが一緒にいてくださって導いておられるから、自分に自信が持てるようになるわけです。


darts-673229_640


いや、簡潔に行きます。。今日は。


それらのことは、他の人々が言い広めるているのです。(第一テサロニケ1章10節)



「それらのこと」とはテサロニケの人々が、キリストを信じて模範的なクリスチャンだったことらしい。




このことを、ほかの人々が言い広めてくれたらしいんですよね。




うっんん。



素晴らしいことって、ほかの人が宣伝してくれるんやなあ・・。


これは、仕事にも当てはまるのではないかな。



別に高額の宣伝費は必要ないやなあ。



大事になのは、中身を充実させること。



そうすれば勝手に広まってくれる。。ってことでしょ!



神様ありがとう!



お金がないから、宣伝費はかけられない。SEO対策も出来ない。


でも、中身が素晴らしければ大丈夫!!



逆に、お金があると、すぐ宣伝費をかけたくなる。中身が伴っていない段階から、。


これが出来ていない段階で成約しても、ダメな内容だったら、もともこもありません。不評が広がってしまいます。


ついつい、結果を焦り、宣伝費をかけてもこれでは、意味がありません。


だから、お金がないほうがいいんです。。



お金は怖いよ~


ansiedade


不安、不安、どないしたらええの!?


お客さんをFUN(フアン)させなあかんのに、「ふあん」やん。やんやん。



ベテランガイドさんを参考にしよっかな。と思ったんやけど、

「私は助言を下さった主をほめたたえる。まことに、夜になると心が私に教える。」(詩編16篇7節)


っていうダビデの詩を思い起こしました。


「主」とは創造主なる父なる神様のこと。だれのお父さんかって?


イエス・キリストのお父さんです。。。



キリストには、すべての知恵と知識の宝がすべて隠されている(コロサイ2章3節)と言われているし、



ダビデはそのお父さんが助言をくださったと言ってるし、



神様は嫉妬深いから、他の何かに頼るのがキライ。


じゃ、神様にお祈りしよ!と思い、さっそく


神様、教えてください、ガイドで何をしゃべればいいんですか?




と。。。。


すぐには答えはなかった。。


そして寝ました。




そして迎えた翌朝、


妻が、「おは朝」を見てた横で、ポルトガル語のべんきょうをしてたときに、


妻が、「東向き商店街で大和茶スイーツが流行ってんだって」


とテレビを見るように促した。



それを見ながら、あっ、そや、


食べ物やな。食べ物の話題や。。



食べることがキライな人もた~んまにはおるけど、



でも、訪日外国人の皆様はほぼほぼ間違いなく、食べ物を楽しみにしてるし。。



これでいこ!!


あっ、そして、、昨日のガイド下見で、タクシーの運転手さんが、一所懸命お客さんに写真の撮り方を
説明してたなあ。


写真か。、食べ物と写真はハズさへんやろ。



お寺の話題も大事なんだけど、、これはあまり深く立ち入ると、お客さんによっては、


あきられることもある。。


そや、食べ物や、。


神様、ありがとう!



ところで、


話は脱線するけど、



レストランの選び方はほんま、難しい。



関西の場合、お好み焼きはキーワード・。



でも、あたりはずれがありまくり!正直、おいしくないところのほうが多い!



関西でも、京都や奈良では、お好み焼きはお薦めしません!



やっぱり、大阪に限ります。(神戸はちょっとようわからんけど)


そして、大阪やったら美味しいとも限りません。。


さすがに、難波、道頓堀界隈はレベル高いです。


美津のさんとかオモニさんとか。はつせさんもおいしいってたけちゃんが言うてた。




でも、これ以外の地域では、怪しくなってくる。



美味しいところっていうのは、少し寂れた感があるお店の場合が多い。



大阪駅前第一ビルにある、とみやさん



ここは入口も狭く、薄汚れた感満載。でも、ほんまにうまい!ふわとろ感がサイコー!



だいたい、メインの通りにあって、小ぎれいなお店は大したことありません。




こんな話しよっかな。ちょっとくどいか。











あかっ絵




加藤智大さんと敢えて言います。

やったことは、残忍極まりない。


そして、とても反省しているとは思えない詩を獄中で書き綴っているという。



そんな彼の詩に対してNHK 事件の涙という番組に出ておられた、湯浅さんという方は、真意を聞くために、彼に何度も手紙を書いておられるそうです。


湯浅さんは、人間らしい言葉を聞きたかったと呟いておられた。

そしてこちらの記事でも、「いつか自分が奪った命と向き合い、最後には一人の人間に戻って欲しい」とおっしゃっておられます。

https://www.sankei.com/affairs/news/180608/afr1806080029-n1.html


僕は逆に加藤さんはとても人間らしいと思いました。


人間とは、どうしようもなく絶望的だと理解しているので、、。


悪い人はいるけど、良い人もいると人は言います。


でも、聖書はみんな悪い良い人はひとりもいないと言います。そんな聖書が僕は好きです。

だから、凶悪犯の彼でさえ、差別したくありませんでした。だから、敬称をつけました。


この事件では、多くの犠牲者が出ました。謹んで御悔やみ申し上げます。

犠牲者の関係者の皆様の心中御察し致します。激しい憎悪の念にかられておられるかもしれません。

人間として当然だと思います。




聖書は言います。


「あなたの敵を愛しなさい」



僕がもし、被害者の関係者であれば、こんなこと出来るわけありません。


しかし、聖書は断言します。


「あなたの敵を愛しなさい」


聖書は言います。これが善なのだと。



だから、僕は良い人ではありません。悪い人です。


聖書は言います。


だから、あなたは絶望的にどうしようもないと。


だから、聖書は勧めます。


もはや、あなたに良い行いは一切期待しない。ただキリストにあなたの全てを任せなさい。

あなたの悲しみや苦しみさえも一切任せなさい。それだけでいいよ。あなたと共にいるよ。


キリストを信じれば救われる。とはこういうことです。

キリストが私と共におられる。


ここに希望を持って今日も歩んで生きたいと思います。

↑このページのトップヘ