カテゴリ: ふと思いついたこと

summer-rain-1440183-1279x850

ワークショップという言葉よく聞きませんか?


これ、日本語に訳すと


「体験型講座」「自主的に参加する研修」になるんですけど、




なんで敢えて、ワークショップを使うんでしょうか?



どうも「体験型講座」だとか、「研修」だと、おカタい感じに聞こえるらしいんですね。



ちょっとゆるい、リラックスできる、楽しい体験型講座に該当する言葉って日本語にないんですかね?





ちょっと、日本人として、嫌なんです。なんでもかんでも英語は。



でも、楽しい言葉って結構、外来語が多いんですよ。



パーティー、フェスタ、コンサート、んっ、遊園地は日本語やな。



でも、これも日に日にテーマパークに置き換わりつつある。喫茶店もカフェに。




明治の人たちは、文明開化によって多くの外来語が突然増えた時、それを一生懸命日本語に置きかえって行った。多分、遊園地も喫茶店もそうなんだろう。




日本人としての矜持というものだろうか。



それが、太平洋戦争でのあまりにもひどいボロ負けによって、矜持も失われたんだろう。



日本は神国だから負けるわけがないと信じて疑わなかったのに、あっさりと負けてしまった。


日本人としての誇り、日本の歴史や伝統に対する信頼が音を立てて崩れ去ったのだ。



もはや、日本語に置換するという作業への意欲が失われ、外来語をなし崩し的にそのまま受け入れ始めることになった。


「文化に優劣はない」と言われることもある。だが、これは綺麗ごとだと思う。

言霊という言葉がある。



言葉は命なのだ。



日本語の言葉を捨て、英語をそのまま受け入れるとは、無意識のうちに、アメリカ文化への敗北を認めていることから来ているのではないか。


日本文化の敗北なのだ。

実は文化には優劣がある。


これは、現代日本人の無意識の行動の中に証明されているのではないか。


文化は命であるともいう。そうなのであれば、文化が日常生活の中から滲み出されていなければならない。しかし、私たちが使う生きた言葉から日本語が徐々に失われて来ているのは、日本文化が徐々に消え去りつつあるのではないか。


いやいや、日本は古来、外国の文化を吸収しそれを日本に合うようにアレンジする能力がある。これこそ日本文化の特徴だ。と考える方もいると思う。


そう見えるかもしれない。でも、日本は決して適応しようとはしてこなかった。自分たちの都合のいいように解釈し、若しくは受け入れ可能なものだけ取り入れただけなのではないか。神仏習合などはそれは最たるものだと思う。



これは適応とは違う。


異質のものは頑なに受け入れてこようとしなかった日本文化。それが敗北したのだ。


太平洋戦争の敗北によって。

偏りのある日本文化の敗北なのだ。


日本文化は偏りがある。



だいたい、ワークショップの概念を表す言葉が日本語がないのだから。








alegria


前回の投稿  で仕事について書かせて頂きました。


まあ反応なさすぎですが、感謝して書き続けます!!

そうそう、お金は、幸せの絶対条件ではない。という話。


幸せに必要だけど、絶対ではない。う〜ん、必要と絶対の何が違うねん!?


たしかに。



絶対って、お金が全て。って感じです。お金さえあれば良し。みたいな。



必要っていうのは、幸せへの要素の一つであるという感じです。でも他の要素も必要でしょうということ。





そう、ところで、


働かざるもの、食うべからず。ってよく言いますよね。



これは、聖書の言葉です。ご存知だと思いますが。念のため。


一見すると、厳しいのかもしれません。が、



そうではないんじゃないかな。というお話です。。



働かない人は、食べなるな!ですからね。厳しい言い方なんですけど、


でも、これは、働く人は食べていいんです。


働く人ですよ。働けばいいんです。



ちょっと、考えてみてください。




この日本社会って、働く人は食べていい世界でしょうかね。。




違うでしょう!!


この日本社会って、



稼がざる者、食うべからずでしょ!!



結果を出さなければ、食べてはダメ!!な社会じゃないでしょうか?




でも、聖書は、働かざる者、食うべからずなんですね。



働けばいいんです。。。でも、



ちょっと、おかしいですね。結果は大事ですよ。結局結果がないと食べられないですよね。



結果こそ全てじゃないですか〜!




働かざる者、食うべからずって、どういうこと!?



それは、、



与えなさい、そうすれば与えられます。(ルカ6章28節、じゃなかった、38節)




働きなさい、そうすれば、結果は与えられます。



っていうことですよ。。こう解釈しても問題ないと思います。



与えなさいは、働きなさいだけではもちろんありません。字句通り、だれかに何か提供する。プレゼントする。でも構わないですね。ここには他にもいろいろと言い換え得られることがあると思います。



だって、ダビデ王もこう告白していました。




主は、私の羊飼い。と。。



主(神さま)は面倒を見てくださる。と言うことです。。



だから、結果は大丈夫。保証されてるんです。



えっ、でも私たち人間が羊のような者なら、働かなくてもいいんじゃない。羊って働いてないでしょ!




これは人間としての尊厳を尊重しておられるんだと思ってます。



人間は働くことによって、充実感が得られますよね。



神さまは、こういう人間の気持ちにも配慮くださってるんですね。羊とはちがうんですよ。




でも羊飼いが羊を養うように、ちゃんと結果は保証してくださるんです。




でもでも、そこで、、仕事自体与えられてない人がゴマンとおるで!!\?



神さまは、仕事を通して必要なものを与えてくださるんでしょ!?



まず神さまを信じてみてください。



だいたい、神さまはこれを人間に一番して欲しいんです。なによりも。。




勧誘(伝道)しちゃっとるやん。これはいやなんだけど。。




だってこういう私だって、ちゃんと生活できてますよ!



私は正社員じゃありません。



旅行ガイド、その他通訳、翻訳業、、



そして、海洋散骨事業もやってます。



だからこうやってブログも書けるんです。



神さまは一人一人にふさわしい仕事を与えてくださると信じています。




いやいや、まだまだ、



どうしても働けへん人おるで。障害者の方とか。


星野富弘さんをみてくださいよ。。



役割がない人は1人もいないと思います。
 


精神的に病んでおられる方々だって働ける場は必ずあると思います。



草間彌生さんを見てくださいよ。




アートの分野は、本当に今の日本に必要だと思うんですよね。そもそも日本人は感性がありますから。




だから、時々私も、アートに関する投稿してるんですよ。 

c28f239b-s-002



また、私たちが命じたように、落ち着いた生活をすることを志し、自分の仕事に身を入れ、自分の手で働きなさい。(第一テサロニケ 4章11節)



というところですね。今日は。。すんません。最近聖書に関する投稿増えてますね。


因みに、私は聖職者ではありません。一信徒です。



なんて、えらそーに。を地で行ってます。


まっ、お許し下さい!

聖書は聖霊によって理解できるんですから!(第一ヨハネ2章27節)



だから、どうどうと語ればいいと思います!



聖霊によって理解するとは、努力や人間の知性によらないで理解できる。


ということだと思います。



だから、



聖霊によるのであれば立場は関係ない。信徒でも可能になります。




こういうところがキリスト教が好きな理由のひとつですね。ヒエラルキー構造ではないところ。




さあ、本論に戻ります。




仕事についてです。このテサロニケの御言葉はずいぶん前から知っていました。



が、、、「落ち着いた生活をすることを志し」というところに殆ど意識が向いていませんでした。


読んでいたんですけど、殆ど記憶に残っていませんでした。


「自分の仕事に身を入れ、自分の手で働きなさい。」の部分ばかりが気になってました。



この次の箇所では、


「外の人に対しても立派にふるまうことが出来、乏しいことがないようにするため」であると続きます。



働かずに貧しくなって盗みをしたりしないために働きなさいという意味でしょう。



落ち着いた生活のためにはお金は必要なんですね。当たり前ですが。



働くことは、落ち着いた生活の手段なのでしょうね。


幸せな生活のための大事な手段です。



ここでふと思ったんです。日本で、落ち着いた生活のための労働になってるのかなと。




なんか、働くことが、落ち着いた生活の妨げになっているようなニュースが後を絶ちません。



ブラック企業とか、過労死とか。パワハラ、セクハラ、etc。




これ、やはり、落ち着いた生活、けだし、幸せな生活イコールお金持ちだと考えられているからなんでしょうかね。お金持ちになることが絶対条件。




聖書は落ち着いた生活にお金は必要条件だけど、絶対条件だとは言っていないですね。




ブラック企業は、恐らく絶対条件になってますよね。お金が。


人間よりもお金が大事。



聖書は、幸せのために必要なひとつの要素だけど、すべてじゃないよ~。と言ってますよね。



そんな綺麗ごと言うてるから、儲からへんねん。クリスチャンは。。人生舐めたらあかん。



これが現実。


続きは次回。。時間のうなった。











ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりましたが、テレビとネット上でのジャニーさんへの評価の違いにびっくりします。




ジャニーさんも人間ですから、良いところもあれば、悪いところもあったのだと思います。


今回は、良いところに焦点を当てたいと思います。いずれにせよ、ジャニー氏は一大事業を成功させたわけで、ビジネスマンとしてはひとかどの人物であるのは間違いないでしょう。



彼のモットーは、「人の真似をしない」でした。



人の真似をしないとは、口では簡単に言えますが、実行するのは本当に難しいです。



特に、同調圧力の強い日本社会ではなおさらです。




彼はアメリカ出身だから出来たのでしょうか?そうかもしれません。



ただ、日本人には難しいことには間違いありません。



だから、皮肉にもジャニーズ所属のSMAPから「世界にひとつだけの花」のような曲がヒットするわけです。



みんな人と比較せず、マネをしないライフスタイルであれば、あんなヒットするわけがないです。




まず、




人の真似をしないためには、相当自分に自信がないといけないと思います。



結局、日本人は大概、、私を含めて自分に自信がありません。




だから、誰かの真似をするしかなくなります。



「わたしの目には,

あなたは高価で尊い。

わたしはあなたを愛している。」

(イザヤ43:4)



これは旧約聖書で預言者イザヤを通して語られた言葉です。「わたし」とは聖書に出てくる神様、キリストと理解しても差し支えありません。「あなた」とは人間です。すべての人間です。例外はありません。


そして、あなたを愛してる。と言っています。



キリストはこの世界のすべてを造りました。もちろんあなたも。



だから、あなたのことをあなた以上に誰よりもよく知っています。



だから、あなたがどう生きていけばいいのか、最も効果的な生き方はなんなのか、あなたが何をすれば良いのかも当然知っています。


役に立たない人は一人もいません。



だから、こんなキリストにすべてを、あなたのすべてを任せていきましょう!


ジャニーさんがクリスチャンかどうか知りません。クリスチャンなのか、でなければ相当の自信家なのか、はたまた天才なのか。


それはさておき、ジャニーさんは一人の人間として決して自分を安く見積ることなく、本当の意味において謙遜に生きたのではないかと思います。


アメリカ人の力の源泉は、元々ここにあったのではないかと勝手ながら思っています。


しかし、今アメリカの時代は終わりを迎えつつあるという見方もありますが、


アメリカでも「宗教」が信じられなくなっている人が増えていることが原因なんだと推察します。


アメリカは自由を重んじる国です。



アメリカの自由とは、元々、人は神様に導かれながら歩んでいくものなのだから、それを脅かすものから解放(自由)されていなければならない。という意味です。


脅かすもの、それは往々にして国家権力です。国家権力からの自由。だから銃を持つんです。



今までは、愛のキリストに導かれて歩むと信じている人がたくさんいたから、銃を持っていても適切に管理が出来たんです。


でも、最近は違いますよね。アメリカ社会ではキリスト教という宗教は生きていました。役に立っていました。でも最近は徐々に力を失っているようです。



宗教が日本では軽んじられているように思います。それは「宗教は役立たない」と思っているからです。


だから、宗教はうさん臭くなる。もちろん、役に立たないのであれば、実生活に役立たない宗教はいりません。



宗教に限らず、役に立たないものは廃れていくのと同じです。

宗教だって例外ではありません。



うっ、だいぶ脱線しましたね~。。


でも、わかりますよね。キリストが一緒にいてくださって導いておられるから、自分に自信が持てるようになるわけです。


darts-673229_640


いや、簡潔に行きます。。今日は。


それらのことは、他の人々が言い広めるているのです。(第一テサロニケ1章10節)



「それらのこと」とはテサロニケの人々が、キリストを信じて模範的なクリスチャンだったことらしい。




このことを、ほかの人々が言い広めてくれたらしいんですよね。




うっんん。



素晴らしいことって、ほかの人が宣伝してくれるんやなあ・・。


これは、仕事にも当てはまるのではないかな。



別に高額の宣伝費は必要ないやなあ。



大事になのは、中身を充実させること。



そうすれば勝手に広まってくれる。。ってことでしょ!



神様ありがとう!



お金がないから、宣伝費はかけられない。SEO対策も出来ない。


でも、中身が素晴らしければ大丈夫!!



逆に、お金があると、すぐ宣伝費をかけたくなる。中身が伴っていない段階から、。


これが出来ていない段階で成約しても、ダメな内容だったら、もともこもありません。不評が広がってしまいます。


ついつい、結果を焦り、宣伝費をかけてもこれでは、意味がありません。


だから、お金がないほうがいいんです。。



お金は怖いよ~


↑このページのトップヘ