カルロス・ゴーンはブラジル生まれのレバノン育ちで、ブラジル、レバノン、フランスの三重国籍を持っています。



ゴーン氏の父はレバノン人です。。(母親もレバノン人という情報もあり)。ですがイスラム教徒という話は聞きません。



実はブラジルにはレバノンを含むアラブ系移民が1000万人以上いると言われています。これは人口の約5%を占めます。



であれば、、単純に人口の5%はイスラム教徒でもおかしくないのでは?と思ったんですが、、
ブラジルではイスラム教徒は0.1%以下です。。



ちょっと調べたんですが、どうも移民してきたレバノン人はクリスチャンだったようなんです。



アラブ人と言えば殆どイスラム教徒のイメージがありますが、それは違うようですね。



ブラジルのアラブ系移民については、また調べてみます!!